2010年12月31日

ゆく年来る年 2010-2011

本年もご愛顧ありがとうございました。
いつもと異なる時間ですが、年内に何とか更新しておきます。

新青森開業にもかかわらず、縮小の年だったのが今年かと思います。
そして、この流れは来年まで続くことになるかと思います。
JR東日本の宇都宮線減便なども典型でしょうが、来年度は
JR西日本の大減便(環状線芦原橋15分間隔)などが待ち受けています。
JR九州も、準快速が昼間時快速となり、その快速が福間〜小倉間各停化と
いうことでこれも減便措置の一環ということになりそうです。
今年、もっとも「後ろ向きだな〜」と感じたのは、JR西日本金沢支社の
モハ471・475とサハ455でしょうか。青色一色化以上に、先頭車の
中間者封じ込めには衝撃を覚えました。
それだけ厳しいということなのでしょうが。

昨年の記事でも色々書きました。
無くなるかと思っていた419系は残りましたが、さすがに来年は引退でしょう。
この記事で、東海の国鉄型車両について今年は書くのではと予想しましたが、
今のところ飯田線の置換(213系?)くらいでしょうか。
313そっくりのキハ25がらみも、伊勢神宮遷宮までは動かないようですし。

うずしお.jpg
さて、今年ショックを受けたのは以前一度記事にしたJR四国の
準社員配置駅の大幅無人化でしょうか。画像は造田駅発行の料金補充券になります。
切符の形式よりも、「平日午前のみ営業」というのがJR四国の地域密着度を表して
いるようで個人的には好きだっただけに残念です。
造田駅も、9月末を持って無人化されてしまいました。


画像は「うずしお」
2010-08-13_0552.jpg
posted by 常緑樹 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

箱根登山鉄道の株主優待券(上場廃止前)

箱根登山優待.jpg
年末恒例の実家大掃除に参加してきました。
あまり面白いものは発掘されませんでしたが、とある缶を開けてみると
…その中身が高校生-大学生初期の頃の使用済みの乗車券類でした。
(当時は、切符収集は基本的に止めていた時期でした)

以前書いた記憶がありますが、私は湘南地方のとある高校を出ています。
当時の神奈川県は、公立高校は学区制がありましたが私立だった私の高校は
横浜市と湘南および三浦方面からの学生が集まっており、中には川崎や小田原から
通学してくる同級生もいました。
小田原から通っていた友人は、祖父から貰った?箱根登山鉄道の株式を保有しており、
送られてくる優待券をヲタな同級生(=私)が毎年一枚ずつ戴きました。
この年はピンクですが、次の年(平成11年)は黄緑色、使ってしまいましたが
灰色だった年もあったかと記憶しています。
奴いわく「優待券は貰えるけど、もう何年も無配なんだよ〜」
嘆いていたのを思い出します。

箱根登山鉄道は2003年に株式交換により小田急電鉄の完全子会社に移行し
上場廃止、その後持株会社の「小田急箱根ホールディングス」とされ(※1)たため、
現在ではこのような優待券は発行されていません。

ということは、もしや彼は配当のある小田急電鉄の株主になれたのでしょうか?

(※1)現在ある、「箱根登山鉄道株式会社」「小田急箱根ホールディングス」
事業会社になります。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

南海電鉄の株主優待券

久々の更新で大変失礼します。
忙しくて更新を休んでいたあと、時間ができても今度はなかなか
一旦たるんだペースを取り戻せませんでした。

南海株主優待.jpg
難波駅近くの金券ショップで購入した南海電車の株主優待券です。
スル関の影響なのか、南海の株主優待乗車券は、カード式のものになっています。
以前、名鉄の株主優待券記事で「大手私鉄全部集めたいが南海は高額で…」
と書いたところ、Tatsumiさんより「同じ期間の個札に引換可能なため、金券屋では
個札のほうを多く見かける」とのコメントを戴きました。
難波の金券ショップにて、そのような個札を見かけたため、和歌山までの乗車に
使用してみました。
券売機による引換券のため、当然ながらスル関地紋のものになります。

今回は和歌山までの乗車ということで、サザンの座席指定券を併用することを
思いつきます。ただし、普通の座席指定券はこの時この時のものがあるので
あまり興味がなく、さてどうしようかという塩梅です。

ということで、良からぬことを考えて堺駅まで空港急行で先行しました。
前から4両目と5両目の境界付近に立って、堺駅でサザンを待ちます。
運良く空いていれば、特に空いていそうな喫煙指定席あたりに陣取って
社内補充券の発行をお願いしようと目論んでましたが、入線してきた
サザンは窓側席が全部売り切れている程度の入り込み具合でした。
「スマートなヲタ」を目指す私としては、指定券も持たずに誰かの隣の
席に着席するようなことは耐え難かったので、すごすごとオンボロ7000系の
自由席車へと向かいました。

南海2300.jpg
画像は本線(泉佐野?)から次の日に乗車した2000系普通列車です。
17m2扉車4連がわざわざ「2扉車」という注意書き付きで本線の普通列車に充当
されているあたり、「余生」という言葉が最もしっくり来る気がします。
高野線北部では輸送力不足、それ以外では輸送力過多で使い道がなさそうです。

南海の株主優待についてはこちらをご参照ください。
1000株で優待券半期6枚は比較的還元率が高い部類になるかと思います。
posted by 常緑樹 at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 株主優待券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする