2008年06月19日

普通列車用グリーン券(指定席)

080531fairway.jpg
前回の記事で、マリンライナーの普通列車用グリーン券を紹介しました。
あの券を発行した時に、「普通列車用グリーン券」という表記を見て妙に違和感を感じました。
普段、東海道線の自由席グリーン車に乗り慣れている身としては、
「普通列車用 グリーン券」のように空白が入る表記に慣れていて、
四国POSの独特の様式かと思い込んでました。

ただ、「指定席グリーンと自由席グリーンの違いでは」という
疑問は持ち、半年後にようやく指定席グリーンに乗る機会を得て
この疑問点が正しかったことを確認しました。
(ネット上で画像を探せば回答はあったんでしょうが。)

画像は、JR東日本両毛線足利駅の「もしもし券売機kaeruくん」で購入した
快速フェアウェイ号の指定席グリーン券です。
首都圏で普通列車の指定席グリーン車を探そうとすると、これか
ホリデー快速ビューやまなし号あたりになるでしょうか。

この列車は、列車名通りゴルフ客を主なターゲットとした列車ですが、
この時の客層がいわゆる「おっさんゴルファー」で占められているのには参りました。
小山駅から乗った時点で、先頭の半室グリーン車はビール片手に
大声でゴルフ談義をするおっさんたちだったのは少々引きました。
特に、こちらは4A席だったのですが、4B・4C・4Dで宴会をやってて
居心地が悪かったことは事実です。
グリーンは売り切れとのことでしたが、実際には4席ほど空席があり
当日は軽い雨が降っていたのでゴルフ中止かとも思いましたが、
普通列車グリーン程度の金額だと払い戻しされないのかと感じました。

今回は切符目当てだから仕方ないと割り切りましたが、次回以降は
比較的空いている普通車にするかと思います。
posted by 常緑樹 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Kaeruくん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100984944

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。