2008年06月25日

幌加内駅発行の赤い18きっぷ

940801horokanai18.jpg
常備券というよりは過去帳カテゴリに入れておきます。
5枚つづりの18切符も、深名線も既に過去帳入りして久しいですし。

積極的に解析ツールを入れる予定はありませんが、Seesaaのアクセス解析は
時々目を通してます。
ここ数日、検索エンジン等から「赤い18きっぷ」等の検索で
来られている方が目立つようになりました。
もうそんな時期が近づいているのか、という実感です。
折角来て頂いても、ロクにその手の情報提供をしていなくてすみません。。。

今期からは、米原や大阪周辺での販売がなくなることから、どこで購入しようか
迷っている方等も多くいるのではないかと検索ワード見る限りで思います。
草津線や奈良線、加古川線の各駅では恐らく今年も発売されると思いますが
正直どんな感じになりそうなのか予測出来ない感じです。

むしろどうしても欲しい方は、今のうちに通販をやってくれる
JR西日本いくつかの駅に問い合わせた方がいいのではないかという気がしています。
宗谷北線のHPはなくなった模様で、今期常備券通販をやるかは私は確認してません。
通販がはじめての方もいらっしゃるでしょうが応援します。頑張って下さい。
代金送付は、あちら様が受け取りやすい現金書留がマナーかと思ってます。
もちろん郵送料がその分かかりますけど、そこら辺は趣味人の余裕で。
(妙に説教臭くてすみません。ちょっと思うところがありまして)
なお私個人は、買えなきゃマルス券でいいや位のつもりで、7月上旬に四国をと画策中です。
(MV35とか感熱POSとか5489とか、他にも気になるものが沢山ありますし)

ということで、今日の記事では赤い18きっぷを紹介します。
廃線1年前の1994年に深名線幌加内駅で購入した18切符です。
まだ5枚1組の頃で、各駅でスタンパーを押して頂く事が出来ました。
発行元が、「深川駅○出」となっている上から駅名小印が押された上で
幌加内駅とされていることから、枚数が終わって融通されたものかと思われます。

この時は、稚内方面からの帰りに夕方の名寄発深川行きの通し列車に乗って、
途中から無人&漆黒の闇の中をただただ走り続けました。
この翌年に廃線フィーバーとなってしまったためなんとなく再訪せず
車窓風景を結局全線は見られなかったのが今となっては残念です。なぜか非公開になってました。
Seesaaってば、なんでこんなに言うことを聞いてくれないんでしょうか?
posted by 常緑樹 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。