2008年07月17日

ワンコイン特急券

080316tsuchiura_kashiwa.jpg

画像は、常磐線のB自由席特急券です。土浦-柏は50キロ以内なので500円です。

昨日の記事に引き続いて、手軽に乗りやすいJR東日本のB自由席特急券の話題です。
2001年12月のダイヤ改正時に、首都圏では特急料金の値下げが行われ
それまでのA特急料金(中央線など)、B特急料金(東海道線、常磐線など)、
更にそれより安かった新特急料金(高崎線など)という区分を廃止して
50キロまでの区間であれば一律500円という分かりやすい特急料金になりました。
値下げ当時は、しきりに「ワンコイン特急券」と宣伝していた覚えがあります。
この頃から、私鉄特急並みの敷居で特急乗車ができるようになったと言えそうです。

個人的には、大船-東京間などでこのワンコイン特急券には時々お世話になってました。
同方面では小田急ロマンスカーの藤沢-新宿が600円、大和-新宿間が
500円なので敷居としては同程度でしょう。

この500円特急料金設定は、時期的には中央ライナーの運行開始と
(それまではホームライナー高尾/青梅としての設定だったので)
重なるので、そのあたりの兼ね合いもあったのかもしれません。
新宿-八王子だと230円の値下げになっています。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 指定席券売機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新宿〜甲府間はもともとB特急料金区間なので、50kmまで730円ではなく630円だったかと。
Posted by 津軽民 at 2008年07月17日 20:25
>津軽民様
あれっ?中央系統はAだと思い込んでましたが違いましたっけ?
大変失礼しました。
Posted by 常緑樹 at 2008年07月18日 19:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103025771

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。