2008年08月19日

三国ヶ丘

080809mikunigaoka_120.jpg
買収国電の鶴見線に続いて、同じく買収国電の阪和線ネタです。
阪和線もまた、私鉄らしさを残している駅などが残っていますが、
その際たるものは南海との共同利用駅三国ヶ丘でしょう。

画像は、JR西日本阪和線三国ヶ丘駅西口で購入した乗車券です。
三国ヶ丘駅は南海とJRの共同使用駅となっていますが、乗換改札の一部を
JR西日本メンテックがやっている他は南海管理となっており、
実質的には南海の駅にJRが間借りしている感じになります。
北口と西口があり、北口にはJR西日本の券売機も置かれていますが、
西口から入る場合には南海の券売機で「西日本線のりかえ」という
不思議なボタンを押して購入することになります。

三国ヶ丘駅(堺市堺区)
080809mikunigaoka.jpg
画像だけ見ると南海電鉄の中間駅にしか見せません。
阪和線の中間駅の中ではトップクラスの乗降客数であるにもかかわらず、
南海管理ゆえみどりの窓口が設置されていないといった問題点も抱えています。
どうでもいい話ですが、阪和線天王寺方面のホームと南海電車の
乗換の階段昇降で、一昔前の東急大井町線旗の台を思い出しました。

画像は奈良電車区の221系。阪和線にも入ってます。
080809mikunigaoka_221.jpg
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 券売機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。