2009年09月29日

四国POSのラッチ内乗継

九州のe-posによる新幹線ラッチ内乗継が、e-pos指のみ券+料補
になることは、前回記事にしたとおりです。
では、同じような指定券中継発行機能のある四国POSで、
乗り継ぎ券を購入しようとした場合にはどうなるのか、
というのが今回です。

→料補になります。(列車名、席番手書き)
ただし、その事実を知ってるだけで持ってませんが。
四国の場合、席番手入力なわけですし、確かに手書きで十分ですね。

端岡駅と、以前紹介した高徳線の讃岐津田駅でそれぞれ
一度お願いしたことがあります。
端岡の方は、当日券だったこともあり「やんわり拒否」されました。
私自身は、強く言って発行してもらうような自己満足的な切符に
価値があるとは思ってないので、向こうが嫌ならまあ、ということで。

讃岐津田の方ですが、こちらは以前記事にしたとおりものすごく感じのいい
パート(準社員?)の中年女性駅員さんでした。
オープンカウンターでPOS画面等もいろいろと見せていただいたのは
この駅です。
この駅で、岡山→名古屋→小田原(岡山→名古屋のぞみ)の新幹線指定券を
お願いしました。管理駅の志度に電話をかけて席番とキャンセルコード
を貰ったあと、
駅:「これの書き方がよう分からん、ちょお待ってや」
という話になりました。
以前に、岡山→新富士の料補を発行したことがあるそうで、
そのときの切符を忘れないように見本としてコピーをとってある、
という話でした。
奥からそれを取り出したりいろいろして、30分位かけてやってたのですが
料補の記入の仕方というよりも、POSでののぞみ加算料金の入力があやふやなようでした。
駅:「うーん、これは志度で買ってもらったかもええかもしれんけど、
でもお客さんこの駅で発行した切符が欲しいんやろ。もうちょっと待ってな」と
いう感じになり、こちらはまだ時間に余裕はあったんですが
(1日有休で行ってたんで)、さすがに申し訳なく思い、いつも通り
500系のぞみに乗れればそれでいいかと
「岡山から新横浜までののぞみ42号にしてもらえる?」と妥協しました。

080303nozomi42.jpg
画像は、その500系のぞみの指定券になります。
なので、このときは料補を入手してません。
かつて、「四国の駅員さんはスキルが」と書きましたが、こういう
背景があります。

ちなみに、時間をこれだけ取らせて申し訳ないと思い、青春18切符

でも購入して売り上げに貢献しようかと思ったのですが、残念ながら取り扱いはないそうです。
どうやら平日午前のみ営業駅は、POS設置駅であっても、ない模様です。
posted by 常緑樹 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | POS券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129145344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。