2009年10月09日

リスボンの非接触式乗車券

viva-viagem.jpg
知人から頂いた、ポルトガル・リスボン地下鉄のIC券です。
リスボンの公共交通では2008年に磁気券の乗車券をすべて廃止して
IC化を図りました。
最初の乗車時に0.5ユーロのデポジットを支払ってこのviva-viagemを
購入の上、その後はカード上で必要料金を積み増していく形になります。
アジア各国で採用されているsonyのfelica規格ではなく、日本の
半硬券と同じくらいの厚みで、感触的には紙というよりは樹脂のようです。
頂いた方によると、自動券売機はシーメンス製だったとのことなので
おそらく欧州型の規格としてこれがあるのだとは思いますが
いかんせん初めて見たためコメントできません。

シンガポールや中国各都市なんかもそうですが、最近はic化の進展が
目覚しく、磁気性や紙製の乗車券については日本よりも早く置換えられて
いるようです。
趣味人的には、ガラパゴスと呼ばれようが日本のような紙製乗車券
中心の国のほうが嬉しいですが。
全部が全部Suicaグリーンになってしまっては、全く面白くないわけで。

多忙なんですが、更新しないとさぼり癖がつくのでミニ更新をば。
写真の都合つけて、日本の記事も更新再開します。。。


posted by 常緑樹 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。