2009年10月21日

区別に次ぐ区別

090927jrkawachieiwa.jpg
おおさか東線、JR河内永和駅の「みどりの券売機」(MV30)発行の
JR河内永和→JR俊徳道の乗車券です。
近距離券はMVで買うな、と書いてましたがごめんなさい。

JR河内永和駅(大阪府東大阪市)
河内永和.jpg
近鉄奈良線の河内永和と区別するためにJRの2文字を付けたのが
駅名の由来ですが、その永和自体が関西本線(東海)の永和駅と
区別するためのもののため、二重の区別の結果こうなったという
不思議な感じの駅名になります。むしろJR永和でもよかったような。

JR河内永和とJR俊徳道については、近鉄との区別のために現行の駅名に
したというのもわかるのですが、その場合まったく別駅のJR長瀬に
ついて理解に苦しみます。

先日の百舌鳥駅の例とちょっと似てますが、おおさか東線の各駅は
無人時間帯があり、学研都市線の放出駅から遠隔管理をしています。
そして、各駅ともどっかの東日本新設駅と同様にMV設置の上で
みどりの窓口は設置せずに、券売機対応となります。
ただ、駅構造がいつでも窓口を設置できる準備工事がされているあたり
好感が持てます。もっとも、今の乗客数でここに窓口が入ることは
あるようには見えませんが。(一駅入れるならここでしょうか?)

090927jrkawachieiwa2.jpg
券売機券もごく普通のHT30によるものでした。
posted by 常緑樹 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 指定席券売機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130802577

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。