2009年11月09日

JR東海ツアーズ発行のぷらっとこだま

以前記事にしましたが、大手旅行会社の端末更新が進みつつあります。
日本旅行だけは相変わらず旧型を(おそらく今年度末あたりまで)
使い続けることになりそうですが、それ以外の会社ではJR券の端末化が
進んでいることはすでにトップツアーなどの記事にも挙げました。
このうちJTBのシステム更新ですが、出資会社のJR東海ツアーズでも
同じような端末更新がされている模様です。

ちょっと前の話になりますが切符展示館 ブログ版」さんで
JR東海ツアーズの旅行商品の紹介がされていて、端末更新に伴って
これまでの「会員券」にあたる用紙がバウチャーからA4用紙化された
とありました。

ぷらっと参加証.jpg
まず画像は東海ツアーズ発行の従来のバウチャー。他のパックのものですが。
窓口発行のぷらっとこだまは、この用紙に商品名や列車番号が印字されていました。

ということは…
乗車券代わりのバウチャーも何らかの変化があっただろうと思い、
どっかに画像がないかとGoogle画像検索をかけてみたところ、
見慣れないバウチャーが。

ぷらっとこだま.jpg
…FamiportだかLoppiから出てくるコンサートチケットかよ…

といいたくなるようなものの画像を発見して愕然としました。
(ちなみに、今回画像検索をして先々代バウチャーが地紋入り緑色
だったのも初めて知りました)

 今回、名古屋へ出かける用件にあわせて、片道をぷらっと利用にしたため
ようやく実物を見る機会が来ましたが、本当にどっかのコンビニ券並みの切符です。
もぎり片が付いているあたりが特に。
地紋はピンクと水色の2色刷りで、これは以前紹介したe-ぷらっと
ねっと発行の磁気クーポンと同じ色合いになります。
偽造防止なのか、上部中央の一部分だけ水色一色になってます。
もう一枚の画像はドリンク券です。
ドリンク券.jpg

なお、JR東海ツアーズの出資元でありぷらっとこだまの販売をしている
JTBについても、「吾輩はヲタである」さんによると船車券の感熱化
されたようなので、私自身今後はeぷらっとで購入する機会が増えそうです。

今回はご参考にさせていただいた両記事にトラバ送信させて頂きます」。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 乗車票 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132181162

この記事へのトラックバック