2009年12月02日

板野駅マルス撤去

091129板野入場券.jpg
画像は、板野駅MR32発行の入場券です。
先月末をもって、すでにこのMR32は撤去されています。
発券機器は、MR32が1台と西HT-30準拠のタッチパネル式券売機がありました。
091129.jpg

先月上旬、高知行きが決まって、ワーププラザの営業時間等を調べている時に、
「板野駅のみどりの窓口の営業は11月30日までです」という
表記を見つけ、それならと立ち寄るプランを立てました。

駅の営業時間が7時〜15:20(休憩あり)と短いのも訪問しづらい点でして、
朝一で高松からレンタカーで乗りつけ、9:00過ぎに伺いました。
駅に付くと先客(一般の人)が新幹線指定券購入をしていました。
年配の男性の駅員さんで、入場券と、山形新幹線の自由席特急券を
購入したところ、「山形新幹線は発券方法がちょっと特殊でね」と
いいながらもスムーズに発券していただきました。

その後、お時間があったのでお客さんの来ない間結構長く雑談に
応じていただきました。内容の一部はこんな感じです。
・このMR32は松山に行って、MR20をリプレース
・新たに入る端末はPOS(既に設置済み)
・先客さんにも話してたが、今後指定券は鳴門駅等への取次ぎになる。
・勝瑞駅をはじめ、高徳線や徳島県内の各駅から空席照会が来る。
 非設置駅からの問い合わせは徳島駅のような駅よりも、
 客数に余裕のある小駅への問い合わせが中心。どの駅に聞いてもいい。
・社員さん1と派遣さん1で回してる。
・POS化されて困るものの一つに、車deトレインの駐車枠がある。
 現在、板野駅では駅(台帳)管理3台分とマルス管理2台分があるが
 マルス管理分については今後鳴門駅等に問い合わせないといけなくなる。
・細かい座席指定ができなくなってお客さんに迷惑がかかるかも。
・せっかくワンタッチ登録したのがなくなるのが残念。
 POSもワンタッチ画面があるので、空いている時間にまた登録したい。
・最初は高速バス、次に1000円高速によって神戸へ皆行ってしまう。
・新神戸発の企画乗車券が売れればええんやけどな。
等〃、長々とお話を聞かせていただきました。深謝。
ちなみに、新しく入るPOSの画像はこれです(許可を得て撮影)。
板野POS.jpg

これまで、四国の小駅ではスキルに問題がある駅員さんを多く見ていた
だけに、まったく期待しないで訪問したのですが大違いでした。
人はいいんだけど小駅のスキルが…というのは何度か痛い目を見ているため、
大駅の高松駅なら大丈夫だろうと、前日に高知→横浜市内の乗車券を、
この日から12日間有効の岡山発の連続乗車券に乗変してしまっていたのですが
(感熱券だけど)この作業を板野でお願いすればよかったなと後悔しました。

板野駅.jpg
そのうち、POS券を買いに必ず再訪問したい駅です。

posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。