2009年12月04日

四国感熱POSの学割印章

091128旭麻植塚.jpg
久々のPOS学割印章ネタです。
画像は、土讃線旭駅で購入したPOS券になります。
目的地の麻植塚は「おえづか」と読む、難読駅の一つです。
今回は、同じ徳島線の鴨島駅までの乗車でしたが、鴨島駅の
営業時間が終了しており、また、四国の車掌さんは集札が
鬼のように厳しいので、使用済み乗車券を貰えるかやや不安で、
保険をかけて一駅先の麻植塚まで購入しておきました。

見ていただければわかるように、学割印章の変更から2年経過した
今でも、プログラム改修は無いようで旧式の印章をそのまま使用しています。

高知や池田で途中下車した後、貞光から乗車して鴨島で降りたのですが、
1両目中央で下車して跨線橋へ向かっていた私に車掌さんが
全力ダッシュで近づいてきて、職質のように「すみません」と
後ろから声をかけられました。

画像は旭駅と、声をかけられた徳島線の1200になります。
今回、高知では1000ばかり、徳島では1200ばかり見てました。

旭駅.jpg貞光キハ1200.jpg

posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | POS券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日豊本線の延岡〜佐伯の普通列車車掌が宮崎車掌区(当時)担当だったころ、延岡を発車すると必ず、車掌が検札にまわり、『無人駅(延岡〜佐伯(大分?)間で下車するお客さん』と確認できた場合は、その場できっぷを回収していました。この扱いをすることが規則上問題なかったのか、今となっては疑問です。

その後大分車掌センター担当になってからは、そういう扱いはなくなりました。検札もたまにある程度で、良く言えばソフト、悪く言えば放置状態でした。

今年10月より延岡〜佐伯は車内収受式ワンマン運転に変更されました。
佐伯以北は問題が多いとされる駅収受式ワンマン運転です。
Posted by えびの2号 at 2009年12月05日 16:24
>えびの2号様
東京を外しており、返答が遅れました。
同様の例は、東海道本線赤坂支線の大垣発車時にもありますね。
確かに規則上の問題は気になりますが、便宜上はやむを得ない気もします。
東海もまた、四国の次くらいに終日無人駅での車掌による集札は徹底してます。

九州のワンマン方式、性善説をとる駅収受式は不正乗車の温床どころか
助長にすらなりかねないと思っており、私は好きではありません。
最低限、特改を頻繁に行う程度のことはして欲しいものです。
Posted by 常緑樹 at 2009年12月06日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134524207

この記事へのトラックバック