2010年02月24日

藤沢駅の緑色ライナー券

ライナー券.jpg
職場が山手線の東側から西側に変わったこともあり、かつては必ずと
言っていいほどお世話になってた湘南ライナーもかなりご無沙汰していました。
ここ半年で上りライナーに乗ったのは藤沢駅の簡易券売機
ついて記事を書いた時以来になるかと思います。
普通車ということであれば、いつ以来になるのか思い出せません。
その分、小田急のロマンスカー乗車頻度はそれこそ藤沢から都内に
通学していた大学生の時と同程度に乗ってるような気がしますが。


先週の金曜日にいつもより早い時間の出勤があり、久しぶりに乗りました。
券売機は従来のものと同じですが、従来は一般の券売機券と同色の
橙色だったライナー券が、フォーマットはそのまま緑色の券片に変更されていました。
辻堂の旧型機(現在も使われているのかは知りませんが)などでは
これと同タイプの券紙が用いられていたのは知ってますが、藤沢の
タッチパネル式新型機の場合には登場時よりEV4等と共通の用紙を
使用していたため、わざわざ紙色を変える必要があるのかは疑問です。
一体、どういった理由なんでしょうかね。

ただ、さすがにそろそろ絶滅だろうと思っていた緑色券紙が、このような
最新型の券売から出てくるのには嬉しくなりました。

Seesaaのダメダメなメンテナンスのため丸2日近く繋がらず、
予約更新も不調な形となり大変失礼致しました。
無料ブログを使っている以上、このようなことはやむを得ない
ことだとは思いますが、今後どうするか考える機会になりました。

この記事も、昨日の夜8時過ぎに職場で見たときにはアップされて
居なかったので、昼休み中に再アップしようとしたところ、どうやら
いつの間にかアップされていたという感じでして。。。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 券売機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141777328

この記事へのトラックバック

尾久−常陸青柳 1,890円<日暮里(東京山手線内)−水戸 2,210円
Excerpt: 水戸−東京は営業キロ121.1kmということで 東京側発着駅表示は「東京山手線内
Weblog: 青い空と、白い翼 2
Tracked: 2010-04-24 03:44