2010年03月05日

あと1週間

南武線通過連絡EV4.jpg
南武線および山手線がらみの私鉄通過連絡については、以前書いた記事でも
紹介した通りです。
前回の記事では、南武線発の東急経由券(地図式)を紹介しましたが
今回は逆に山手線発の小田急経由券(両矢式)を記事にします。

2種類の様式は、経由線区によって異なるわけではなく、発売駅の
券売機種によって決定して居るものだと思われます。
南武線小駅にはまだ残っている旧型のEV3型券売機では地図式が、
山手線側の駅では券売機の更新が進んでいるため、EV4から出される
両矢式のものが購入できます。

3月13日の横須賀線武蔵小杉駅開業までいよいよ1週間です。
東急連絡はともかく、小田急連絡もとばっちりで廃止されるので
この手の通過連絡券に興味のある方は最後の週末となる
明日・明後日にでも川崎は南武線沿線へ見えられては如何でしょうか?
(おまけでフロン太開幕の宣伝でもと思いましたが、さすがに満席でした)
溝の口で期間限定の鶏ダンゴでも…

地図式券は、みどりの窓口閉鎖駅であれば大体EV3が残存しているため
購入可能かと思われます。


話は大幅に変わって、JR西日本広島支社のサイトを見ていたんですが
事前予約制度をこんなに大々的にやってたんですね。
これって要するに、指のみ券祭りというか席番入力祭りをするという
こと、ですよね?
以前席番入力の記事を書いたときにコメント欄で指摘がありましたが
改めてみるとちょっと驚きです。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 南武線各駅停車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広島支社のある駅で当日受け渡しなどでは指のみ券で予め発行し、引取り時に席番入力→引換ではなく、実際に有額券を発行して締切時に未渡として処理されたことがありました。(この場合結構面倒そうな伝票を切ったりPOS入力があるようで旅客から見ると相当面倒そうでした…)
通常は指のみ券で発行して発行替えをしてると思いますが。
Posted by (4-タ) at 2010年03月05日 23:03
>4-タ様
有額券発行で対処しているとは思いませんでした。
やる事が豪快というか…
Posted by 常緑樹 at 2010年03月06日 11:17
未渡伝票を切ってPOS入力するのが正当な取り扱いの様です。
個人的な感想ですが、本来指のみ券は有額券とセットのものですから、指のみで席だけ抜いておいて後で席入、というのはどうもスッキリしません。
席番入力も、誤入力・誤控除でダブルブッキングなんて可能性もゼロとは言いきれないですし。
Posted by 落武者 at 2010年03月10日 00:39
はじめまして。収集家ではないのですがきっぷに興味があるので、以前からブログを覗かせてもらっていました。たまたまこの記事が目にとまったので、ご参考になれば。
毎年京阪神の某大駅で事前予約を利用しているのですが、他の方のおっしゃる通り指のみ→席入有額券の発行替での対応です。
ちなみに受取時の支払いはカードでもOKなのですが、その際挿入CS決済ではなく、金額を手入力してカードを通すという輪をかけて誤扱いが心配になるようなアクロバティックなことをして下さっています。
ただ、年々席入には慎重になっているようで、先の年末年始に利用した際は発行替した有額券の区間、列車、席番を一つ一つペンでチェックし、最後に券番横の「席」に○をつけた上できっぷを渡されました。(加えてC制ハンコに手書きR通番もあったので随分賑やかな券面になりました)
実は京阪神地区では事前予約を取りやめるのではないか?という噂がちらほらあり、個人的にはちょっと気になっていた所でした。
それでは、これからも更新楽しみにしています。
Posted by ZX at 2010年03月10日 06:31
返答が遅くなり申し訳ありません。

>落武者さん
旅行代理店あたりでやられている方法もこれなんでしょうかね。
未渡伝票でPOS処理ですか、事故多そうな気がしますが大丈夫なのかな。

>ZXさん
せっかくの初コメントの方なのに、コメント返しが遅くなり大変申し訳ないです。
京阪神の事前予約もそんな感じでしたか。他社(東海道新幹線の会社とか)から
よくクレームが来ないもんだと感心する限りです。
それだけ慎重にやっているということなのだとは思いますが。

今後ともよろしくお願いします。
Posted by 常緑樹 at 2010年03月16日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142728301

この記事へのトラックバック