2010年08月20日

南海フェリーの連絡乗車券

四国から和歌山まで、南海フェリーに乗船してみました。
およそ12年ぶりの乗船。以前乗ったときは小松島港発着でした。
全国でも数少なくなった、「鉄道連絡船」です。ここと宮島位でしょうか。

南海フェリー乗車船券.jpg
南海電鉄の子会社ということもあってか、乗船券類もスル関地紋用紙による
南海形式のものとなっており、ほとんど見た目が南海の乗車券なのが
ちょっと残念なところです。出港直前に徳島港に到着したため、他の券売機類を
チェックすることもなく、すでに誰もいなかった窓口嬢の方へと駆け込みました。
私「まだ間に合いますか?新今宮までお願いします」
窓「指定は取られますか?」
私「船の方は要らないです」
窓「ということは、列車の方は指定がいいんですね?」
ということで、サザンの指定席券込みの一葉券が出てきました。
以前、東武特急の記事で私鉄端末の一葉券の話をして、
コメント欄で南海が一葉発券可能なのを知りましたが、ここで区間違いの
一葉券が入手できるとは思っていなかったために驚きました。

南海フェリーグリーン.jpg
お盆前の週末だったこともあり、実際に乗船してみると出発直前の一般席は
人が結構おり、一人分確保できるかは微妙な感じでした。
あと、子供が多かったこともあり、かなり騒がしい空間になっていました。
このため、船内の案内所で、グリーン券を購入しました。

画像は、和歌山港駅ホームから見た「フェリーかつらぎ」
2010-08-13_0562.jpg

ちなみに、ここへ行く前に板野駅に立ち寄りました。
駅員さんと世間話をしている中で、「これから和歌山経由で大阪行くけど、JRじゃなくて
南海に乗るような気もするから阪和線の切符は買えないね〜」と言ったところ、
「国鉄の頃なら南海の難波まで売れたんやけどな〜」という予想外の言葉が返ってきました。
そういえば、小松島線があった頃にはそんな連絡運輸もありましたね。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道以外から鉄道連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://ameblo.jp/tramticket/entry-10132705815.html
以前就職活動の時に実使用で利用したモノです。

それとは別に橋本駅で橋本→JR天王寺の乗車券と橋本→新今宮の特急券を申し込んだときは端末を操作しても一葉で発券できませんでした。

南海フェリーは自社グループだから一葉で出るのでしょうか。

南海フェリーが指定で電鉄が自由席利用の場合や、両方とも指定を取った場合など追いかけると面白いかも知れませんね。
来年の四国行きは帰省と絡めて南海フェリーを利用してみたいものです。
Posted by Tatsumi at 2010年08月20日 23:06
>tatsumiさん
自社グループだから一葉と考えるのが適当でしょうね。
話題から外れますが、南海側はこの航路に61kmの営業キロが設定されており
南海線の営業キロと通算での学割購入が可能なくらいですから、南海側の
システムの中に自社線駅として「徳島港」駅が一駅組み込まれているだけ
なんじゃないかなという気がしなくもありません。

フェリーのグリーン席指定がどうも手作業のように見えたため、席が
2段表記(サザンと船の分)されるようなことはないのかもしれません。
Posted by 常緑樹 at 2010年08月23日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159626403

この記事へのトラックバック