2010年08月31日

ミューチケット乗継

名鉄では、特別車を指定駅で1時間以内に乗り継ぐ場合に限り、1枚分のミューチケットと
同じ料金で2列車の特別車に乗車できる「乗り継ぎミューチケット」を発行しています。
今回、知多武豊から豊橋までの移動の際に利用してみました。
(残念ながら、今回は引き換え前の撮影を忘れました)

以前のミューチケット記事と同様に、金券ショップで回数券(今回は土休日用)
を購入の上で知多武豊駅の窓口で交換しましたが、券面にそのような文字はありません。

@枚目 金額部分が****となっています
ミューチケット1.jpg

A枚目 金額表記がなされ、350円となっています。
ミューチケット2.jpg
とはいえ、これだと明らかに元の引換券の種類が分からず混乱
しそうな印象なのですが、これで大丈夫なんでしょうかね?

奇しくも席番号が両列車で一緒ですがどういうことでしょうか。
順方向での乗り継ぎの場合に歩行距離が少なくなるようプログラム
されていたりするのかもしれませんが、ご存知の方がいたらご教授下さい。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が購入した時も同一席番でした。

ただ、機械が自動的に設定しているのか、窓口係員がそのように指定したのかはわかりません。

近鉄は極力歩行距離が短くなるように、座席指定をするようですね。
Posted by 準急平戸-平戸口 at 2010年09月01日 00:46
返答が遅れすみませんでした。
同一席番号がある場合にはそれで優先的に出すように
プログラミングされている、もしくはその機能がある可能性が
高そうですね。

機械購入で乗り継ぎミューって購入可能なのかな。そのうち試してみます。
Posted by 常緑樹 at 2010年09月06日 11:26
旧制度(乗継は500円)時代は中部国際空港のラチ外の券売機のみ対応していましたが、現制度では窓口のみの対応です。
WEBにも
ミューチケット
発売箇所
名鉄出札係員配置駅(弥富駅、赤池駅を除く)・名鉄駅サービスセンターおよび特別車停車駅のタッチパネル式自動券売機で発売いたします。また、名鉄観光サービスの他、おもな旅行代理店各支店、営業所でもお取扱いいたします。
(お買い求めの際、お時間がかかる場合があります。)
乗継ミューチケット
発売箇所
名鉄出札係員配置駅(弥富駅、赤池駅を除く)と名鉄駅サービスセンターで発売いたします。車内および1乗車目の乗車後は、発売をいたしません。
と記載が分かれています。
ということは中京圏にある複合端末設置の名鉄観光でも乗継ミューの扱いはないということでしょうね。

参考までに拙ブログで紹介した券売機発行の旧乗継ミューチケットです。

http://ameblo.jp/tramticket/entry-10166243136.html
Posted by Tatsumi at 2010年09月06日 21:42
はじめまして、いつも拝見させてもらってます。
きっぷの画像や情報だけでなく、列車や駅のレポートもされている筆者様の熱心ぶりには、ただただ「すごいなぁ」の一言です。

前置きが長くなりましたが、基本的に指定をしない限り(駅員が操作をしない限り)は同じ号車・席番になるようです。

それと、回数券で引き換えの場合は、発券の段階で駅員が画面上で操作をし、券面左下に印字(どのような印字だったかは忘れてしまいました。申し訳ないです)されるのですが、大半の駅員はそのまま現金扱いで出すか、「時差土休」の判を押す事が多いです(汗)

ちなみにタッチパネル式の券売機でも購入は可能です。

長々と失礼しました…
Posted by ある at 2010年09月08日 00:36
>Tatsumiさん
自動では発行できないんですか。確かに、セントレアを除けばほとんど需要がないのが実情かもしれませんね

>あるさん
はじめました。今後ともよろしくです。
「時差土休」のゴム印ですか。新たな収集目的ができました。
Posted by 常緑樹 at 2010年09月10日 18:24
皆様 こんばんは

先日(今年初頭あたり?)、窓口端末が更新されたので、回数券での引換は、一旦発券後に、
原券ボタンを「回数券」「時差土休」「列変」など該当するものを押して、
再度発券した件を挿入します。
Posted by 準急平戸-平戸口 at 2010年09月13日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。