2010年09月08日

JR西日本最東端の駅

谷浜簡易券売機.jpg
以前から一度行ってみたいと思っていた駅に、北陸線の谷浜駅があります。
新潟県や長野県をJR西日本が走っているというのは、それだけで
ちょっと違和感がありますが、それならその最東端駅には一度行って
みようと考えて早何年か経ちました。
(ちなみに、JR東日本の最西端駅は乗車券設備等のない大糸線南神城駅になります)

谷浜駅.jpg2010-08-29_0696.jpg
谷浜の駅舎は、無人駅にしては堂々としたものでした。
北陸本線の親不知〜直江津にかけての線路は、昭和40年代の複線電化時に
大幅に付け替えられましたが、この駅の場合には以前の場所から動いていない
ために残っているものかと思われます。
無人駅ですが、食券型自動券売機が設置されていて、100kmまでの
最低限の乗車券類は購入可能でした。ただ、隣の直江津がJR東日本の
所属駅となり、自動改札まで設置されているにもかかわらず、この駅で
裏が白い乗車券を平気で売っているのはどうなんだろうなという疑問は残ります。
(この後、糸魚川駅へも行きましたがここも相変わらずでした)

このあたりの海は、「信州の海」という呼ばれ方もありまして
(新潟の人ゴメン)、海のない長野県からの海水浴客で賑わうようです。
駅と反対側の海岸方面に歩くと、長野県須坂市の海の家などがありました。
ただ、8月最後の日曜日とはいえ、さすがに時期はずれだったのか、海へ
足を伸ばしても水着のお姉さんは遠くに居るだけでちょっと残念でした。
(あとで能生海水浴場で沢山見ましたが。ちなみに、松本ナンバーだらけでした)
いまどき電車で海水浴に来る客は居ねぇよな、と(鉄ヲタ的に)がっかりしてましたが、
上り列車到着のちょっと前に、4人組の大学生くらいの女性陣が切符を買って
直江津方向に乗車していたので、需要はまったくないわけでもないようです。

2010-08-29_0690.jpg
この日は413系が運用に入ってました。
本来の運用区間は確か糸魚川までのはずなので代走でしょうか。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 券売機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161729426

この記事へのトラックバック