2011年08月24日

「おわら風の盆」常備券

富山市越中八尾には、「おわら風の盆」なる広域的に集客ができる祭りがあります。
「おわら臨」という呼び名がありますが、毎年北陸地区のありったけの車両を
かき集めての輸送が行われています。
この時には、画像のような常備券も発行されるとともに、八尾行きの列車は地元客と
それ以外に分けられた上で整理券方式で指定の列車への乗車となります。
富山常備券.jpg
ここまで極端な例は、他には熊野市花火くらいしか思い浮かびません。
他にもあるのかな?

こちらが整理券になります。実際に乗らない列車の切符はともかく整理券は申し訳なく、
時間的に混雑度に余裕のある3号のものになります。
風の盆整理券.jpg

昨年夏、富山在住の方より鑑賞のお誘いを受けて風の盆鑑賞に行って来ました。
7名で、八尾のとある商店の軒先に上がらせて戴き鑑賞するというもので、
グループ行動だったため、タクシー分乗で列車には乗れませんでした。
「いつくるかわからない」というのがおわらの醍醐味のようですが、
道端に多くの人が集まることや踊りのために交通規制が激しいことなど、
見ていて「鉄道によるアクセスと親和性のあるお祭り」だなという印象を受けました。
2時間待って、軒先で繰り広げられた踊りは壮観なものでした(花代は包みましたが…)

今年は、キハ58系列の引退等もあって昨年ほどの車両集はかき集められない
筈ですが、西日本各地からかき集めてくるんでしょうかね。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 常備券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はキハ181系の引退もあってか特急「おわら」の運転がありませんね。キハ189系を使用した臨時特急の運転を期待していましたので残念に思います。車両の手配や乗務員の訓練等をしてまで運転しないという判断なのでしょうか?
Posted by マルス2号 at 2011年08月25日 23:55
>マルス2号さん
「どうせ北陸新幹線開業までだし」と言ったところがあるのかもしれませんね。
運用数としてはギリギリで回せそうですけどね。
Posted by 常緑樹 at 2011年08月26日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161820180

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。