2010年10月01日

発行替え乗車券

北陸一周.jpg
画像は、藤沢→藤沢の連続乗車券です。
これだけ見ると一見普通の北陸一週ですが、実は突っ込み所満載のものです。
1.京都駅MR913は京都駅新幹線精算所のマルス
2.にもかかわらず新幹線を利用した形跡がない
3.在来線経由なのに西日本発行ではなく東海の精算所発行
4.関東からの乗車券なのに、通用開始日と乗車開始日が一緒?
さまざまな偶然が重なって生まれたものになります。

実はこれ、明らかな誤発行の乗車券を京都駅で差し替えてもらった
ものになります。このような経験は私も初めてでした。

原券は、明らかなミス券でした。

「藤沢→大阪市内 経由:東海・小田原・新幹線・湖西・北陸・信越・犀潟・
ほくほく・六日町・上越・新幹線・東京・東海。運賃(2割引)14310円」
明らかに藤沢駅で経路重複・その先は連続乗車券にならなくてはおかしい筈です。
さらに云えば、私はこのような乗車券を注文してもいません。
補正禁止でできてしまうのか、ほくほく線を
間に挟むからなのか、どれが理由でしょうかね?

発行時に券面をきっちりと確認せず新幹線に乗車してから気づいてしまい、
「これはやばい」ということで車掌さんに連絡、どこかに指示を仰いだ上で
京都駅精算所で再発行の手続きを取ってもらいました。
手続きは、もとの乗車券を無手数料払い戻しで控除して新規の乗車券を
発行した形になります。クレカゆえに面倒でした(苦笑)。
在来線経由の乗車券になったのは、京都駅側が動揺していたのかなと。

京都駅では発駅入鋏代印を挿されることもなく、北陸地方の下車印と
車内改札印だけが残る券面になりました。自動改札には通してますが、
実はこれも途中下車した直江津でのものになります。
(越後湯沢は遅延による改札開放でした)

新幹線関連の写真を撮ってはいなかったので、北陸の列車でも。
475旧塗装.jpg419富山.jpg
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもほくほく線を間に挟んだからですね。
三セクをはさんでしまうとその前後では重複チェックがなされないようです。

でも普通は発券時に係員が経路をトレースする「はず」なので、
このパターンはすぐわかりそうな気がしますが。。。
Posted by ぱーぱー at 2010年10月04日 19:48
>ぱーぱーさん
なぜだか分りませんが、実は発券時にかなり手間取ってました。
それで、窓口係員のチェック機能が働かなかったのかなと。

気付いて良かったです。ホントに。
ちなみに、小田原の自動改札は原券を通しました。
Posted by 常緑樹 at 2010年10月05日 23:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161832932

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。