2010年12月31日

ゆく年来る年 2010-2011

本年もご愛顧ありがとうございました。
いつもと異なる時間ですが、年内に何とか更新しておきます。

新青森開業にもかかわらず、縮小の年だったのが今年かと思います。
そして、この流れは来年まで続くことになるかと思います。
JR東日本の宇都宮線減便なども典型でしょうが、来年度は
JR西日本の大減便(環状線芦原橋15分間隔)などが待ち受けています。
JR九州も、準快速が昼間時快速となり、その快速が福間〜小倉間各停化と
いうことでこれも減便措置の一環ということになりそうです。
今年、もっとも「後ろ向きだな〜」と感じたのは、JR西日本金沢支社の
モハ471・475とサハ455でしょうか。青色一色化以上に、先頭車の
中間者封じ込めには衝撃を覚えました。
それだけ厳しいということなのでしょうが。

昨年の記事でも色々書きました。
無くなるかと思っていた419系は残りましたが、さすがに来年は引退でしょう。
この記事で、東海の国鉄型車両について今年は書くのではと予想しましたが、
今のところ飯田線の置換(213系?)くらいでしょうか。
313そっくりのキハ25がらみも、伊勢神宮遷宮までは動かないようですし。

うずしお.jpg
さて、今年ショックを受けたのは以前一度記事にしたJR四国の
準社員配置駅の大幅無人化でしょうか。画像は造田駅発行の料金補充券になります。
切符の形式よりも、「平日午前のみ営業」というのがJR四国の地域密着度を表して
いるようで個人的には好きだっただけに残念です。
造田駅も、9月末を持って無人化されてしまいました。


画像は「うずしお」
2010-08-13_0552.jpg
posted by 常緑樹 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 補充券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/162541174

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。