2010年12月29日

南海電鉄の株主優待券

久々の更新で大変失礼します。
忙しくて更新を休んでいたあと、時間ができても今度はなかなか
一旦たるんだペースを取り戻せませんでした。

南海株主優待.jpg
難波駅近くの金券ショップで購入した南海電車の株主優待券です。
スル関の影響なのか、南海の株主優待乗車券は、カード式のものになっています。
以前、名鉄の株主優待券記事で「大手私鉄全部集めたいが南海は高額で…」
と書いたところ、Tatsumiさんより「同じ期間の個札に引換可能なため、金券屋では
個札のほうを多く見かける」とのコメントを戴きました。
難波の金券ショップにて、そのような個札を見かけたため、和歌山までの乗車に
使用してみました。
券売機による引換券のため、当然ながらスル関地紋のものになります。

今回は和歌山までの乗車ということで、サザンの座席指定券を併用することを
思いつきます。ただし、普通の座席指定券はこの時この時のものがあるので
あまり興味がなく、さてどうしようかという塩梅です。

ということで、良からぬことを考えて堺駅まで空港急行で先行しました。
前から4両目と5両目の境界付近に立って、堺駅でサザンを待ちます。
運良く空いていれば、特に空いていそうな喫煙指定席あたりに陣取って
社内補充券の発行をお願いしようと目論んでましたが、入線してきた
サザンは窓側席が全部売り切れている程度の入り込み具合でした。
「スマートなヲタ」を目指す私としては、指定券も持たずに誰かの隣の
席に着席するようなことは耐え難かったので、すごすごとオンボロ7000系の
自由席車へと向かいました。

南海2300.jpg
画像は本線(泉佐野?)から次の日に乗車した2000系普通列車です。
17m2扉車4連がわざわざ「2扉車」という注意書き付きで本線の普通列車に充当
されているあたり、「余生」という言葉が最もしっくり来る気がします。
高野線北部では輸送力不足、それ以外では輸送力過多で使い道がなさそうです。

南海の株主優待についてはこちらをご参照ください。
1000株で優待券半期6枚は比較的還元率が高い部類になるかと思います。
posted by 常緑樹 at 18:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 株主優待券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>特に空いていそうな喫煙指定席あたりに陣取って社内補充券の発行をお願いしようと目論んで…
先日それをやったところ、レシート状の車内補充券発券機が導入されていました。一斉導入か試行かは知りませんが、仮に一斉導入でなかったとしても、先行きは明るくないですよね。
(知っていたらごめんなさい)
Posted by かんくん at 2011年01月01日 06:16
>かんくんさん
夏の時点で補充券が発行されているのを見て狙っていただけに、
ついに来る時期が来たのかという感じで残念です。

車内で空席が即座に確認可能な方式が好ましいのは確かですし、
有料特急等運行会社はどこも小田急型の無検札システムになっていくんでしょうね。
Posted by 常緑樹 at 2011年01月01日 20:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。