2011年02月15日

水間鉄道の乗車券

水間観音.jpg
画像は水間鉄道の普通乗車券です。
水間線内に自動改札はありませんが、連絡運輸先の南海電鉄向けか
あるいはスル関の乗車券紙共同購入のためなのか磁気券です。

「水間鉄道に自動改札がない」と書きましたが、実はかつては
貝塚および水間の両駅で南海電鉄の中古品を利用していました。
2009年6月のピタパ導入にともない、従来の改札方式をやめ
中間無人駅では車内で運賃精算(ワンマンバス方式)、貝塚と
水間観音の両駅では終日改札口にバス用の運賃箱を複数設置して
集札とピタパ引き落としを行い、ラッシュ時にはいくつかの駅で
同じ方式を導入するという形になっています。

水間1000.jpg

水間観音駅構内にあるクハ553(公道上より)
水間旧型.jpg
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地紋、変わったんですね。
平成20年に訪問した際は、緑の切符で
自社地紋でしたよ。
Posted by 急行みまさか at 2011年04月23日 21:45
>急行みまさかさん
平成21年6月にスル関協議会に入っていることから、地紋の変更は
おそらくそれ以降ということになるかと思います。
Posted by 常緑樹 at 2011年04月30日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。