2011年01月13日

伊賀鉄道の乗車券

伊賀鉄道.jpg

先日の記事コメントで、「去年は青山越えを何度か」と書きましたが、
そのうちの一回は「奈良のホテルが取れず、伊賀上野に宿泊した」ケースでした。
この日のホテル事情は興味深く、近畿圏のホテルは京阪神も奈良もどこもほぼ満室、
わずかに和歌山にいくつかのホテルがあるのみという壊滅的な事情だったのですが、
三重県内のホテルはどこもそれなりに空室がありました。
ネット予約時代の区分割の魔術で、「奈良」で探してそれでもない場合には「近畿」だけで
検索する事例が多いのかなと。
iモードのエリアの相違が、事実上の地域経済の境界になることがあるという興味深い話も
どこぞの学会だかで聞いたことがあったような気がします。多分それと同じだなと。

この時は次の日の用務先を考えると、名張(桔梗が丘)のホテルが最も好ましい
選択だったのですが、せっかくなら伊賀鉄道に乗って東急旧1000系でも
拝めないものかと、わざわざ不便な上野市駅近くのホテルを取った次第です。

近鉄伊賀線時代に乗車したことはありましたが、実は伊賀鉄道は初めての乗車でした。
2007年の経営分離によって、近鉄伊賀線は経営分離により線路と当時の車両を
近鉄が保有する形態の伊賀鉄道として別会社化されています。
この際に、乗車券も伊賀鉄道独自のものへと変更され、従来の磁気券が食券型
券売機による非磁気券へ変化する、という興味深い変化がありました。

画像は、伊賀神戸駅の食券型券売機で購入した乗車券になります。
近鉄タイプの乗車券に比べるとずいぶんシンプルな印象です。
posted by 常緑樹 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/177178226

この記事へのトラックバック