2011年04月20日

大阪市交通局の乗継乗車票

ご無沙汰しています。
転職など個人的にも、また震災など社会的にも色々とあった
ここ数ヶ月間、ほとんど更新ができないままで申し訳ありませんでした。
(また、震災で被害に見舞われた皆様にはお見舞い申し上げます)。
気を取り直して、またブログ更新を続けさせていただければと存じます。

さて、リンクを張らせて頂いている「きっぷと旅な日々」さんの先日の
記事で、大阪市交通局の乗り継ぎ精算券についての記事がありました。
私自身は現行券を所持していないため、このような様式なのかと
感心するばかりでしたが、大阪には旅行や出張で行く程度の
自分は、自動化券の存在すら実ははじめて知りました。

ちょうどいい機会だと思いますので以前から紹介しようと思っていた、
少し前の補充券様式の大阪市交通局の乗継乗車票をご紹介します。
ちょっと前に、実家から出てそのままにしていました。
大阪市交通局乗り継ぎ乗車票.jpg

大阪市交通局の場合には西梅田、梅田、東梅田の各駅間で改札外
乗り換えが認められているため、乗換駅の時点で料金不足の
乗客に対して、このような乗継乗車票が発行されていました。
定期券の倍ほどの大きさのある紙面に、地下鉄およびニュートラムの
路線図が描かれています。「地図式だしわかればいい」ということなのか
九条駅と谷町九丁目駅がともに「九」の一文字で描かれている
などの特徴があります。
発行駅は西梅田ですが、発行駅名などはこのスタンプ以外にはないため
梅田及び東梅田でもまったく同一の用紙が使われていたのかと推測できます。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 過去帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今では精算機で乗継精算券が出せるので、乗継乗車票の出番は少ないようですね。
たまたま磁気不良で改札機を通れなかった時に乗継乗車票を発行してもらえましたが、現在は30分以内に乗り継がないといけないため時刻印字欄が出来ています。
駅名は一文字が印刷されていますが、九条と谷九以外にも同じ文字の駅が幾つかありますね…(笑)
Posted by 鉄道部長 at 2011年04月21日 18:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。