2011年05月13日

めいてつキッズチケット

名鉄では、ゴールデンウィーク期間中に子供を対象とした
「めいてつキッズチケット」を作成し配布していました。
予備知識は無かったのですが、豊橋から神宮前まで特別車に
乗車しようとホームで待っていた際に、女性運転士さんが子供に
何かカードのようなもの(遠目には、緑色?のカードにパノラマスーパーの絵が
描かれているように見えました)を手渡しており、CSR(企業の社会的責任)
の一環かなんかで配布しているグッズでもあるのかと理解してました。
その後、名鉄のサイト(現在はリンク切れ)を確認したところ、切符を持てない
小学生未満の子供への配布用に、GW限定で作成した模様でした。
(中日新聞にリンクの残った記事があり、こちらで全種類の画像が見れます)

私が所持している実物はこちら。サイズは定期券より一回り大きめです。
赤のパノラマカー柄は、どうやら知多各線での配布だった模様です。
名鉄キッズチケット表面.jpg名鉄キッズチケット裏面.jpg
このキッズチケットは、河和線の富貴駅員さんよりご厚意で戴きました。
神宮前からの特急を降りた際に、ダメ元で株主優待券を残したくなりました。
私は一応、自分なりの収集ルールというものを決めていて、他のお客さんが
全員降りるまで待ってから、「お忙しいところ大変申し訳ありません。差し支えなければ…」
と切り出す形で乗車券を戴けないかを尋ねることにしています。
一旦駅舎を出て駅前広場のあたりで少し時間を潰したあと、券売機で知多半田までの
乗車券を買い、乗車時に「先ほどはありがとうございました」とお声掛けすると、
「まだ残ってるのでよろしかったら」ということで1枚頂きました。
丁寧なお願いと挨拶の大事さを改めて認識した次第です。


このままでは本物の乗車券がないので、富貴駅発行の券売機券ですが。
110504富貴.jpg

富貴駅.jpg
画像は富貴駅ホーム。2面3線で構内踏切のある名鉄らしい駅でした。
最初に列車を降りた時、何人かの若い男が柵を越えて外へ逃げてました。
おそらくキセルなんでしょうね。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199799741

この記事へのトラックバック