2011年05月11日

TX八潮駅乗り継ぎ券

常磐高速バスTX.jpg
茨城県内と都内を結ぶ高速バス(関鉄系列、茨城交通、JRバス関東、日立電鉄)と
つくばエクスプレスを利用した八潮駅乗り継ぎの社会実験が2008年に開始され、
2009年4月からは本格運用となりました。

渋滞が目立つ首都高三郷線の混雑時に、八潮PAで下車、徒歩連絡でTX八潮駅を
利用するさいにバス車内で100円の八潮→秋葉原間乗車券を発行するというもので、
ルートおよびバス会社各社ごとにデザインの異なる乗り継ぎ券があります。
今回、茨城からの帰りに初めてこのサービスを使用してみました。

画像は、茨城県坂東市から東京に戻る際に使用したもので、関東鉄道の
発行したデザインのものになります(バス運行は関鉄パープルでした)。
この時は、職場に近い南千住で用件があったため八潮PA停車はありがたい
ものでしたが、この日乗車の乗客の30人くらいの中で八潮下車は私のみでした。
事故渋滞などがない限りではこの程度なのかもしれません。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道以外から鉄道連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199801947

この記事へのトラックバック