2011年05月31日

豊橋鉄道の半硬券

豊橋鉄道では、有人各駅にチケットプリンタを導入していますが、
有人駅とは別に杉山駅では駅前の川口商店にて委託販売を行っています。
豊橋鉄道公式サイトの営業サイトを見ると、大清水等他の各駅は営業時間が
掲載されているのですが、この駅だけは駅名欄のところに
杉山駅売店と記入され、「普通券の発売は行っております」と掲載されるという
不思議な形態になっていますが、これも個人商店への委託が理由の一つと思われます。

さて、その杉山駅へ降りてみて駅前の川口商店さんへ行ってみました。
休日だし営業しているか不安でしたが、普通に開店されていました。
各金額のものがあるということでしたので、最低区間を大人/小児ともにお願い
してみたところ、以下の2枚が渡されました。

大人用
110504杉山大人券.jpg
小児用
110504杉山子ども券.jpg

この2枚、サイズが上下方向に少々異なっているのがおわかり戴けますでしょうか。
大人用は軟券、小児用は半硬券でした。
もともとは両方とも半硬券ようですが、最近の補充分は軟券化されています。
東急線にも昔は半硬券が武蔵小杉乗換口やこどもの国にあったので、懐かしい感じでした。
(偶然にも、車両も東急車ですしね)

杉山駅1.jpg
画像は杉山駅の外観になります。特に駅舎はありません。
川口商店さんの画像も撮りましたが、顧客と思われる小学生が映っているため
セキュリティ意識の厳しい昨今ゆえに、非掲載にしておきます。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は今年になってようやく気づいたのですが、豊橋鉄道では2007年(平成18年)10月1日のバス分社化に伴い地紋が変更(とよはしてつどう→とよてつとよてつ)されています。
杉山の券はまだ「とよはしてつ【と】う」地紋の券(つまり2世代ぐらい前の地紋)しか所持していませんが、「とよはしてつ【ど】う」もしくは「とよてつとよてつ」と印刷された券が出ているのか気になります。私が訪問したときは新豊橋対応の380円が金額も印刷されたきれいな常備券でしたが、一番最初に地紋が変わるとしたらここでしょうね。
回数券が廃止されポイントが付く可能性があるmanacaを使っているので、普通券すら買うことが少なくなりました。
Posted by (4-タ) at 2011年06月01日 22:10
すいません、平成18年→平成19年でした。
Posted by (4-タ) at 2011年06月05日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199804417

この記事へのトラックバック