2011年07月03日

上信電鉄高崎駅の窓口精算

久しぶりに上信電鉄に乗車してきました。
思いつきで高崎へ行き、そのまま訪問してことのなかった富岡へでも
行ってみようかと乗車してみただけのため、特段の下調べもしていませんでした。

まず往路ですが、高崎駅で列車発車寸前に改札前にたどり着いたため
駅員さんに誘導されて窓口で購入したのがこの乗車券です。
上信の高崎駅は、2005年にJRとの改札分離が完了しており、以前あった
JR券売機での乗車券販売は無くなり、自前券売機と窓口での硬券販売となっています。
乗車券は、東富岡〜上州富岡〜西富岡までのもので、一般式となっています。
110618高崎西富岡.jpg

さて、下調べなしで迎えた帰路です。遠鉄の記事で書いたように私は車両ヲタです。
往路で上信オリジナルの1000系を見かけたためおそらくそれになるであろう列車に
合わせて富岡市内で時間を潰し、わざわざ運賃境界より西側の上州七日市駅まで
2駅ほど徒歩で移動しました。ところが、上州七日市に着いてみると窓口が営業して
いませんでした。上信は整理券式ワンマンのため、手元に乗車券は残せません。
わざわざ高い運賃(ほんの50円ですが)を支払って切符を残せないのは残念です。

さて、高崎駅に着くと精算所がありました。
整理券を出して運賃を支払ったところ、渡されたのは精算済証ではなく
110618七日市高崎.jpg
このような乗車券でした。発行駅が高崎になっています。

今回は画像がありません。理由は「撮る気力が失せたため」です。
前述したように、富岡市内で時間を潰しつつオリジナル車の運用を待って
いたのですが、来たのは行きと同じ元西武101系の「銀河鉄道999」号でした。
同じものに2回乗るショックと、西武中古のつまらなさ(西武ファンの方ごめんなさい)、
そして上述したように上州七日市発行の乗車券が手に入らなかったことがあって、
帰りの車内では気分はお通夜でした。「とっとと高崎に着けばいいのに」と
本気で思っていたことは、ここだけの話です。

ちなみに上信は、群馬DCに合わせてこのようなイベントを行うようです。
200形にほぼ確実に乗れるチャンスなので、リベンジを果たしたいと思います。


先週ですが、奄美大島に行って来ました。
JR券の取り扱いがある「奄美航空ツーリスト」さんにお伺いして
話を少々聞いてみましたが、乗車券は取り寄せとのことでした。
どうやら、奄美大島にはオフィス端末の類を含めJR券端末は無い模様です。

滞在時間が数日あれば、那覇発行か鹿児島発行か試してみれたんですが…
posted by 常緑樹 at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211925244

この記事へのトラックバック