2011年07月23日

相鉄の車内補充券(東急連絡)

110717相鉄車内補充券.jpg
パスモ開始後首都圏の私鉄では、車内精算をあまり見かけなくなりました。
私が比較的乗る小田急などは、快速急行などで行われる車掌巡回前の車内放送で
わざわざ「車内での精算は行っておりません」と流れているほどです。
しかしながら、関東にも名鉄近鉄と同様の(かつ、JR東日本からは消滅した)
磁気タイプの車内補充券での精算業務を行っている会社として、相模鉄道があります。
相鉄の場合には、すべての車掌がこの車内端末を持っているわけではなく、特改さんのみ
所持しているような形のようです。
(以前、かしわ台行き最終電車に無札で乗車、車内申告した時に車掌さんより伺いました)

この特改さんですが、経験上で見ていると主に土曜休日の本線系統優等の大和以東
(横浜ではなく二俣川までのようにも見えますが、正確にはわかりません)において
良く出現しています。今回は、大和駅から武蔵小杉に戻る際に、時間帯的には
特改もありそうだと踏んで、パスモや連絡乗車券は購入せずに横浜までの乗車券を
購入して仕込みをしておきました。
大和発車後に、車掌が車内を回るというアナウンスがあったため待機していました。
実際に私の元に来たのは三ツ境あたりでしたが。

購入したのは、東急線の横浜→武蔵小杉にあたる210円区間の乗車券です。
(東急のほか、JR・京急・横浜高速・市営地下鉄も購入可能とアナウンスがありました)
券面がどうなるのかは知らなかったのですが、まさかこのような金額式に
なるとは思っていなかったため、受け取った瞬間、目を丸くしました。

今度仕込めそうな機会があれば、相鉄線内完結の原券を区間変更する形で券面を
見てみたいと思います。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 車内補充券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体験談ですが平日夕刻、海老名方向で大和を出ると海老名まで同様に車内まわりがありますね。
腕章をしているので良くわかります。小田急線の乗車券を発売します、というアナウンスでした。

それにしても、この車発券は愛知環状鉄道のものとそっくりですね。
Posted by 根津千駄木 at 2011年08月18日 02:34
>根津千駄木様
海老名方面もですか。あれ、本当に需要あるのかなぁといつも思ってるんですが。

愛知環状が車発機導入していたのは初めて知りました。
画像検索をかけてみましたがそっくりですね。同じソフトなんでしょうかね。
Posted by 常緑樹 at 2011年08月24日 18:54
古い記事へのコメント,失礼します。
相鉄は,車内専務車掌(要は車内精算等を専任で行う車掌)が現在でも乗車しています。
私が出会うのは,急行で二俣川から横浜の間です。
以前は地図式の補充券を使用しており,そのときも相鉄だけでなく,横浜からのJR,東急,京急,市営地下鉄の地図が書かれていました。
近年,相鉄は鉄道イベント時に,過去の車内補充券を1冊2000円で販売しています。ただし,赤字で教材用のスタンプが押されていますが。
Posted by じゅうそう at 2012年09月13日 14:21
パスネット導入あたりまでは、各社車掌さんは車内補充券を持っていましたね。
小田急、京王、京急では優等列車で巡回したり、東急辺りで気合い入った車掌さんは、発車前の待機時や、一駅間でも売っていました。
他社がやめる中、車発機を導入してまで続けた相鉄は、ちょっと面白いです。

基本的には、大和駅に相鉄〜小田急の連絡改札口が無いことが、車内精算を行う根拠となっています。
「改札は無いけど、野放しにしている訳ではない」というある意味での意思表示でしょうか。
最近は、あまり車内精算を行っている人を見かけませんが。。。
「旅客専務」の腕章をされた車掌さん(最近では腕章も珍しいですね)、車内精算だけでなく、ラッシュ時や終車間際のホーム立番などもされていますね。

なお、かつての地図式車内補充券には、横浜市営地下鉄は描かれていませんでした。
当時は連絡運輸をしていませんでしたし、現在も定期券のみです。
Posted by もとえんせん at 2012年10月11日 13:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215343217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。