2008年04月19日

西小倉-小倉320円別途収受

kanda_hikarinomori.jpg
e-pos機能を使用しているため、POSの話として書きます。
(こういう時、seesaaにしたことを後悔します・・・)

JR九州の20代以下を対象とした4割引カード、ナイスゴーイングカード(NGC)を使用した
苅田-光の森(筑豊線経由)の乗車券です。
券面にこれだけのスタンプがあると、見苦しいったらありゃしないです(苦笑)

1.黒いスタンプ
苅田駅で押印されたNGC注意書き。潰れているのは、自分の不注意です。
2.赤いスタンプ
原田駅でNGC料金の特急券を購入した際に押印されたもの。
3.光の森駅スタンパー
「切符を集めているので、無効印をお願いします」と頼んだところ、
これを押されました(いいのか?)

4.西小倉-小倉間別途収受320円
今回の本題です。
旧小倉駅として開業し、その後日豊線の駅として再開業した西小倉駅ですが、
1987年に鹿児島本線ホームが出来て以来、両線の分岐駅となり、日豊線-
鹿児島線相互間の運賃計算はこの駅を接続駅としています。
それまでの分岐駅であった小倉駅(西小倉駅から0.8キロ)は、
ソニック等の直通列車については区間外乗車として扱われるようになりました。

このため、日豊線-鹿児島線or山陽新幹線博多方面の乗り継ぎの場合に、
小倉駅で途中下車をしようとすると西小倉-小倉の運賃が請求されます。
この扱いの場合、駅によっては復路専用乗車券が設備されている場合も
あるのですが、小倉駅の場合にはこれはありません。

どのように運用されているのかというと、画像の切符右上にある
スタンプを押印し復乗区間と収受金額を記入する、という形です。
画像のものは、西小倉-小倉の往復320円収受とされています。
小倉の場合、門司港絡みや新幹線別線運賃等の理由もあって
常備券のようなものよりもこちらのほうが応用が効いていいのかもしれません。

一つ気になるのは、「苅田→西小倉→新幹線→博多→佐賀」等の切符の場合
収受額は「九州0.8キロ+西日本0.8キロ」で300円なのかどうか。

それにしても、鹿児島線西小倉駅があるせいで320円余計に払うというのは
西小倉-小倉の距離が距離だけになんとも言いがたい気分になります。
北九州に土地勘があるだけになおさら、あの京町銀天街ワープに
320円というのは抵抗があります。

モノレールが一駅100円なだけになおさら。。。


yutakasen.jpg
写真は福北ゆたか線飯塚駅。
posted by 常緑樹 at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | POS券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。

復路専用乗車券を券面証明で代用している興味深い例ですね。

この証明の問題点は、収受した日付が不明になっている点で、復路専用乗車券は別途の往復乗車券ですから、収受した日から2日間有効です。この点を曖昧にしているところに少し疑問を覚えます。

下記のリンク集を運営しており、リンクに加えさせていただきました。よろしければ、相互リンク頂ければ幸いです。

きっぷ関係サイト・最強リンク集
http://kippu.biz/special_link.shtml
Posted by catalytic at 2008年05月01日 23:17
>catalytic様
はじめまして、こんにちは。
制度系ならびに管理されてるstipulation.hp.infoseek
の過去ログはよく拝見させていただいております。

確かにご指摘の通り日付が曖昧になりますね。
九州は区間変更券を省略してスタンプで済ませる例が
あり(戸畑駅など)、こちらはこちらで西への請求額算出を
どうしているんだろうか思ってましたが、別途収受印もまた別の問題点があったとは、流石ですね。

リンクについてですが、現時点ではβ版として公開している
こともあり、ある程度体裁が整った時点で普段お世話になっている
ブログさんをはじめとして、トラバ等をお送りしつつ
お願いしようかと考えてました。
近日中には反映させて頂きたく、何卒お願い申し上げます。
Posted by 常緑樹 at 2008年05月03日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93912587

この記事へのトラックバック