2008年07月03日

○小 中央林間MR31発行

080625katsuta_tokyo.jpg
小田急トラベル中央林間店のMR31で発行された普通乗車券です。
中央林間は東急のテコプラザがJR券の取扱を宅配端末廃止時に止めてしまい、
JR券は小田急側代理店のみの販売になっています。
このほかに、東急ストアにKNTがあります(←これは不思議ですが。)

大手5社を除く代理店、例えば電鉄系の代理店の場合、
マルスが置かれて場合には旅行業端末への組み込みではなく、
MR31等のプリカット券を使用するマルスそのものが単体で導入されています。
プリカット券を使わない代理店は東海ツアーズのみだったかと思います。

これらのマルスは機種名そのものが記入されているケースが多いようで、
MR31発行と表記された代理店のマルス券は、大学生協のものなど
これ以外にもお目に掛かったことがあります。

乗車区間は常磐線の勝田から東京山手線内まで。東京近郊区間のため
下車前途無効・当日限りの通用となっていますが学割の適用は可能です。
posted by 常緑樹 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月28日

小さな旅ホリデーパス

080217aomorifree.jpg
JR東日本盛岡支社が出している「小さな旅ホリデーパス・あおもりフリーエリア」です。
盛岡支社版は「いわてフリーエリア」「あおもりフリーエリア」があります。
これとは別に、仙台エリアで使える「南東北フリーエリア」もあります。
青森エリアの場合には、発売価格は2000円となっていて、八戸-青森の
往復で元が取れる金額になっています。


私が乗車した日の八戸駅では、青森への日帰り往復ならこちらがお得
だという掲示が分かりやすいところに表示してあり、普段それほど
鉄道を使わない層であっても買える機会を作っているように感じました。
私自身は、これと自由席特急券を組み合わせて青森往復に使いました。
superhakucho.jpg

「盛岡支社」というのを強調しているのは、フリーエリアが各県ごとに
定められているわけではなく、青森・岩手エリアの場合には、
「秋田支社との境界駅」が使用範囲に定められているとためです。
このため、青森の場合には、弘前エリアが含まれていません。
逆に、岩手エリアに花輪線の東大館が含まれており、なんとなく
すわりが悪い印象があります。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

東海の簡易委託駅

071224narai.jpg
JR各社の旅客サービスが違うのは当然といえば当然で、
それこそが分割民営化の意味だったといえばそうなんですが、
経営基盤が磐石で、不採算路線の少ないJR東海になった地区は恵まれているなと
思うことも、切符収拾をしていると時にあります。

JR東海の場合には、基本的に簡易委託駅にもマルス端末を導入してます。
オンラインでの指定券発行が可能だということが、簡易委託駅クラスだと
「メリット」といえる程のものなのかは意見が分かれるかも知れませんが、
「大は小を兼ねる」とでもいうか、あって困るものではないワケで。
同じ長野県内であってもJR東日本の簡易委託駅がPOSや、時に常備軟券取扱駅が
残っているのに対して、東海の簡易委託駅はすべてマルス対応になっています。
同じことは、滋賀・三重県内のJR東海JR西日本の関係にも言えそうです。
我々切符ヲタには多様性の観点から少々寂しいことでもありますが。。。

切符の画像は、中央西線奈良井駅発行のマルス券になります。
この駅にはMR20型端末が配備されています。

narai1.jpg奈良井そのものは、中仙道の街道筋の色合いを深く残す町で
妻籠や馬籠ほどには観光地化されていないといわれますが、
なかなか立派な観光地でした。

こんな街に12月24日に一体何をしに行ったのか
というのは置いておいて下さい。
木曽路はやはり名古屋圏なのか、駅で見ていると
少数の観光客は名古屋方面への乗車券を買ってました。

posted by 常緑樹 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

はやこま1号

冠婚葬祭で来た秋田県某所からノートで更新。
隣県岩手・宮城地震でお亡くなりになった方のご冥福をお祈りすると共に、
怪我をされた方の一日も早い回復をお祈りいたします。
つか、こちらも震度5強でしたが。

今日のはやこま1号はどうもすごい事になったようで、9時間閉じ込め
になったという話を読んで、「紙一重だったな」と思ってます。
職場の休み次第で、今日のはやこま1号(こまち側)に乗る予定でしたので。
080610komachi1.jpg
画像は、一昨日のうちに予めスキャンしておいた、昨日のこまち1号の指定券です。
6月4日の記事で紹介した回数券を提示しての指のみ券です。
指定については、途中でトレン太を借りる計画のあった同行の妹に
回数券を渡してついでにお願いしました。

この回数券は、発行替も可能な筈ですが発行元の辻堂駅の駅員は
指定券発行印の指定券への押印と指のみ券の添付という方法を取ったようです。
ただ、扱いがちょっと違うなと思ってたので、いずれにせよ記事にするつもりでした。

指のみ券は、右側に○囲いで、「席」「特」「回」という記号が表記されます。
これらの区分ですが
「席」:いわゆる最も一般的な指のみ券。
    (例:宇都宮→秋田で仙台でラッチ内乗継をする時の指定券)
「特」:特企券で乗車する場合に、指のみ券をつける場合に使用します。
    (例:秋田大館フリーきっぷ・土日きっぷ等で指定券をつける)
「回」:回数券タイプの特企券で、指のみ券をつける場合にはこちらを使用。
    (例:東京-秋田の回数券を発行換えせず指のみ券で対応する場合。典型はMV)
というのが区分事項となっています。

このことから、この指定券は本来ならば「回」が付くべきところなのですが
なぜか特別企画乗車券を表す「特」表記になっています。
これは珍しい気がしますが、「特」や「回」と書かれるべき時に
「席」の指のみ券を渡されるようなことはしばしばあります。

参考までに、MVで発行された指のみ券も掲載しておきます。
070622komachi27.jpg
こちらは東海のMV発行券ですが、東のMVで発行しても同じ様式で、右下に「回」と入ります。

明日は
posted by 常緑樹 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

JR東海での乗変

080117tokyo_fuchu.jpg
一昨日の学割印章記事で比較対象にした、MR32端末で発行されたマルス券です。
(塩)府中は、広島県の福塩線府中駅を指します。
JR東海ツアーズで購入したC制の学割乗車券を、自宅最寄り駅発から
品川→在来線→小田原→新幹線経由に品川駅の窓口で変更して貰ったものです。

原券はAGT発行ということもあってか、スタンプでの「C制」表示でした。
このために、赤ペンでの「原券C制」および発行元を手書き表示した
モノだと思われます。

「東海は在来線並行区間でも新幹線経由の乗車券を売る」という話は
時々聞くのですが、この時はどういう扱いになるかと思ってみていたところ
乗車経路通りの発行でした。
posted by 常緑樹 at 06:35| Comment(1) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

JFEスチール

080529komachi.jpg
といっても、神奈川臨港鉄道だの浜川崎だの東福山の話ではありません。
新橋の金券ショップでの話です。

再来週の秋田行きこまち回数券を探してました。
仕事が早く終わった昨日、新橋駅周辺の金券ショップを10店くらい
回って、13150円という価格で発売していた店舗で購入しました。

金券ショップで購入したチケットの楽しいところは発行元等が
通常のルートではなかなか買えそうにないものだったり、
魑魅魍魎とした世界が広がっていることでしょうか。
ヤフオクはもうカオスですが、金券ショップも時にかなりのものです。。。

券面の発行元は○FE日比谷旅MR31となってました。
FEって一体どこだよと思いつつ、検索してみるとどうも
製鉄大手JFE系の、JFEライフの旅行部門だということが判明。
せっかくたどり着いたんだからと公式ホームページに行ってみたところ、
完全なグループ専用サイトでした。認証ページ並んでるし。
国内出張・海外出張・観光旅行(リフレッシュ休暇)等が項目で並んでて
エクスプレス法人予約だの、BTOnlineだのといったいわゆる
出張の多い大企業向けで名前くらいなら知ってるケドという感じで、
あまりにも自分の法人と違う先進的システムに驚くのみでした。
だからなんだ、って話ですが。

…こーゆーとこに転職したい。

追記
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

イベント券口座収容のライナー券

071121liner15.jpg
湘南ライナーの前売り券です。
ライナー券は当日の夕方駅の自動券売機で購入するイメージが強いですが、
首都圏のみどりの窓口では1カ月前からこのような券が購入可能です。
とはいえ、あまり発券方法を知っている駅員が居ないのですが…
形式は、一般の料金券とは異なりイベント券のフォーマットをそのまま流用しています。
そして、発行機会の少ない駅だと「わからない」という理由で拒否されたことも。
実は、それを今回紹介する新宿駅でやられたこともあります。

この時は、確か新宿で飲んでから実家へ帰ることが分かってて
2枚予め購入したものだったと思います。
普段、自分一人でこのような場合には小田急ロマンスカーを使うのですが、
茅ヶ崎出身の同級生が一緒だったのでこのようなことになった気がします。
品川駅での直前購入が難しいので購入したのですが、よく見ると
乗車駅が東京駅になっているのが不思議でして、
(このへんも、ほとんど発行する機会が無い証明なんでしょうが)
品川到着後に駅員さんに説明したところそのまま乗せて頂けました。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

関西おでかけパス

071208kansaiodekake.jpg
ホリデーパスの関西版ともいえる、JR西日本の関西おでかけパスです。
昨年、所用のついでに寄ったさくら夙川にて購入しました。
女性駅員のみという話題の駅ですが、切符はただのMR32発行券です。
おおさか東線開業前なので、放出と久宝寺の文字はありません。

土日に使用可能な、大阪を中心に、西明石、新三田、草津、和歌山等までがフリー区間と
なっている便利な切符です。ただし、京阪神に住んでればですが。

この切符、ホリデーパスと比べて旅行者が使うには致命的な欠陥があります。
3日前までの事前購入が条件となっており、実質的には京阪神居住者以外は
(京阪神に鉄ヲタの友人等がいない限り)購入できないというのが実情です。
このときは、11月中旬に西宮市内での所用があり、その3週間後に
再度関西に来ることが分かっていたので購入した次第です。
企画乗車券なので、条件設定するサイドははもちろんJR西日本であって、
こっちはただの利用者がたわごとを述べてるだけですが、これじゃ不便で仕方ないです。

実は来月、これを使いたい状況になりそうです。
関西に知人はいても鉄ヲタは居らず頼みにくいです。

普段はあまり好きじゃなくまず使わないのですが、今回ばかりは
困った時のヤフオク頼みにするのが現実的かと考えつつあります。
なんつー都合のいい人間なんだという気もしますが。。。

大阪市内の金券ショップあたりで扱ってくれないですかね、当日券。
posted by 常緑樹 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

MAXとき315号 1階FL

071117toki315.jpg

1階FLとは、平屋席のことです。flatとfloor、どっちのことなんでしょう?

2段の発行箇所表記は、「JR西日本の5489サービスで予約、MV40で引き換えたもの」です。
「西神戸予セ」は5489を、「新大阪駅US2」のUSは(西独自の記号で)MV40を指します。
この時は、4月20日の記事で紹介した四国POSでののぞみ指定券発行のために、
念のためサイバーステーションで空席検索を高松のホテルからして、
ついでに、次の週の予定だった上越新幹線の混み具合を覗いたところ、
3連休初日だけあって多くの便が満席か残席わずか。急いで手配しました。
ネットが繋がっているんだから素直に「えきねっと」で取ればいいのに、
これから西エリアへ行くんだから5489と東エリアにはないMV40(みどりの受取機)を
試したいというヲタの好奇心がうずき、朝一で携帯からセンターに電話しました。

電話でのやりとり
私「23日の午前9時ごろの東京-高崎の新幹線で空席のある便はありますが」
5489オペレーター「9:28のMaxときの、1階でも2階でもない平屋席でしたら空いてますね」
ということで、はじめてMaxの平屋部分に乗ることに。

5489センターの係員が、他社の新幹線のそんな席をよく見つけて
くれたと思いましたが、考えてみたら富山や金沢からの電話では
日常的に上越新幹線を扱うんでしょうね。

実際に乗ってみたところ車内は確かに満席でしたが、不思議なことに
17列の4席のうち3席がどうも空いていた模様で、
隣人に「ここ空いてますか?どなたか来られますか?」とどう見ても確信犯の
オヤジが一人(慣れた素振りの上、何の文句も言わずに車掌巡回時に支払ってた)と、
大宮から自由席特急券のみで乗ってきて結果的に差額を払ったオバハン2人組がいました。
この席って車掌持ち調整席かなんかなんでしょうか?
実は、オバハン2人の席は東京発車時に足の悪いお婆さんと連れ(自由席客)が座っていて
発車後にここが指定席という事に気付いて上野で降りていったので、
なんとなく消化不良感が残りました。。。


ちなみに、この記事を書こうとGoogleに聞いてみたところ「マリンライナーFL」
というダミー列車があるそうです。
車椅子対応席のことでしょうが、FLが使われている模様です。
posted by 常緑樹 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

○日 Tis岡山#発行

071117nozomi88.jpg

岡山駅にあるTis岡山のMR11端末です。
おそらく、端末のサポート期間の問題で現存はしていないと思います。

四国POS発行の自由席特急券を持ってたんですが、前の列車の
軒並み指定席が満席だったこともあって、自由も混んでそうだなと
なんとなく乗変しました。
駅の窓口でしても岡山駅@と表示されるのでは面白くないし、
Tisなら運がよければ旅端かと思ってお願いしたのですが、
出てきたのはこれでした。

JR西日本の場合、端末の機種ごとに、@(MR32)、W(MR12W)、
#(MR12)などといった使い分けが券面にあり、
Tis(日本旅行)はJR西日本の関連会社だからなのか同様です。
MR11はMR12の亜種なので、#表示になってます。
ちなみに、TisのMR31発行分は同じ論理で@表示です。

いざ乗ってみたら、岡山発車時には指定も自由も殆ど人がいない。
姫路の客のための列車だというのを改めて実感しました。
今度の改正での広島延長も、戦略的にはいいのかもしれません。
posted by 常緑樹 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

挿入乗変 2日以内に変更

071123takasaki_akabane.jpg

高崎駅で発行された特急草津32号の指定席特急券です。

もともとは、約1時間後の特急草津4号に乗るつもりでした。
えきねっと受け取り機(MEV)を使ったことがなかったので、
職場の昼休みにえきねっと予約をした上で、東京駅八重洲南口の
受け取り機まで行ってきました。

当日、戻り時間が早くなったので、せっかくMEV券をどうするか
考えたのですが、この日は高崎線が人身事故で朝からズタズタの状態、
折り返しの32号も4号も遅れが見込まれるという話だったので、32号がまだ高崎に
到着していないことを確認した上で変更をお願いしました。

乗変をお願いしたところ、MEM機の中にモトの4号の指定券を挿入、
32号の指定券の上に、元券情報を印字する挿入乗変をされて戻ってきました。
右上の、「2日以内に変更」と書かれている文字、ならびに下の赤印字がその目印です。
posted by 常緑樹 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

休日乗り放題切符

061224kyuujitu.jpg

JR東海静岡支社の休日乗り放題切符です。
この時は青春18を買うこともなかったので、名鉄東岡崎への
片道移動で、前から気になっていたこの切符を使ってみました。

最初は、小田急線から松田駅にアクセスするつもりだったのですが、
実家に寄ったりしていて、熱海駅からの利用に切り替えました。
これだったら、疲れたときにワープすることができる分、
普通にJR岡崎までの通しの乗車券を買った方が良かった気もしますが、
・・・ヲタの業みたいなもんでしょうかね。

熱海駅は新幹線改札横の緑の窓口でのみ購入可能なため
在来線専用にもかかわらずスタンパーも(幹)熱海駅となります。
posted by 常緑樹 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | マルス券 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする