2011年01月13日

伊賀鉄道の乗車券

伊賀鉄道.jpg

先日の記事コメントで、「去年は青山越えを何度か」と書きましたが、
そのうちの一回は「奈良のホテルが取れず、伊賀上野に宿泊した」ケースでした。
この日のホテル事情は興味深く、近畿圏のホテルは京阪神も奈良もどこもほぼ満室、
わずかに和歌山にいくつかのホテルがあるのみという壊滅的な事情だったのですが、
三重県内のホテルはどこもそれなりに空室がありました。
ネット予約時代の区分割の魔術で、「奈良」で探してそれでもない場合には「近畿」だけで
検索する事例が多いのかなと。
iモードのエリアの相違が、事実上の地域経済の境界になることがあるという興味深い話も
どこぞの学会だかで聞いたことがあったような気がします。多分それと同じだなと。

この時は次の日の用務先を考えると、名張(桔梗が丘)のホテルが最も好ましい
選択だったのですが、せっかくなら伊賀鉄道に乗って東急旧1000系でも
拝めないものかと、わざわざ不便な上野市駅近くのホテルを取った次第です。

近鉄伊賀線時代に乗車したことはありましたが、実は伊賀鉄道は初めての乗車でした。
2007年の経営分離によって、近鉄伊賀線は経営分離により線路と当時の車両を
近鉄が保有する形態の伊賀鉄道として別会社化されています。
この際に、乗車券も伊賀鉄道独自のものへと変更され、従来の磁気券が食券型
券売機による非磁気券へ変化する、という興味深い変化がありました。

画像は、伊賀神戸駅の食券型券売機で購入した乗車券になります。
近鉄タイプの乗車券に比べるとずいぶんシンプルな印象です。
posted by 常緑樹 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

成田湯川

成田湯川.jpg
京成の運賃制度は、ここ3か月の間に一気に難解になりました。
これまでは千原線、東成田線などで多少の例外はありましたが、7月の成田空港
アクセス鉄道開通により高砂〜空港第2ビル間が2ルートとなり、運賃が異なるために
空港第2ビルと成田空港の両駅はホームを分離、特に空港第2ビルはこのためにホームを
縦方向に延長の上柵で区切りという荒業で対処しています。
さて、この成田スカイアクセスですが、線路保有者のうち北総が問題になります。
今回の開業区間を含む京成高砂〜成田空港間の「京成成田空港線」は
全区間で京成が第2種鉄道事業者となっており、各区間の線路保有者と経緯は
以下のようになります。

@京成高砂〜小室間
経緯:1979年に第一期区間として北初富〜新鎌ヶ谷(信号所)〜小室が開通
保有者:北総鉄道が保有(第1種)。北総鉄道は第1種事業者として従来より列車も運行。
    今回から、京成が第2種事業者として(高砂以東〜北総線経由〜印旛日本医大以西)の
    列車を運行。
A小室〜印旛日本医大間
経緯:1984年より2000年にかけて住宅都市整備公団(当時)により段階的に開業。
保有者:千葉ニュータウン鉄道が保有(第3種)。北総鉄道も第2種事業者として
    従来より列車を運行。京成も上記列車が第2種で運行。
B印旛日本医大〜土屋(新設区間終了地点)間
経緯:今回新設
保有者:成田高速鉄道アクセスが保有(第3種)。第2種事業者は京成のみ。
C土屋〜成田空港間
経緯:成田新幹線用に作られた設備を在来線転用するために設立。
   乗り入れ元のJR東日本と京成が33%ずつ出資。他に航空会社などが出資
保有者:成田空港高速鉄道が保有。JR東日本も第2種事業者に。

画像の乗車券はあくまで成田湯川から新鎌ヶ谷までのものですが、一体どんな
券面デザインになるかと思いましたが、意外とシンプルなものでした。
成田湯川→高砂以東などで乗車した場合にも、券面に経由等が書かれる形での
対処となっているようです。
posted by 常緑樹 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

近鉄の回数券カード引き換え?

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

近鉄奈良.jpg
画像は、「近鉄の乗車券のようなもの」になります。
右下を見て頂ければ、「あれっ?」と思われるかもしれません。

割引乗車券が豊富でばら売り文化のある関西の金券屋巡りは、私にとっても
楽しみの一つです。特に大阪エリアでは。
先日、近鉄奈良へ行った時のこと。関西ならどの街にでも必ずあるような
金券ショップが数店集まる一角のようなものが見当たりませんでした。
唯一、見かけた金券ショップで並んでいる商品を見ましたが品揃えは
さびしい限りでした。店員さんに「何をお探しですか」と聞かれたので
「丹波橋まで安くなる切符ってないですか?」と聞いたところ出てきたのが
画像の乗車券で、「本日しか使えないですがよろしいですか?」という断りと
ともに渡されました。

右下の、「土休回」の文字から推察するに近鉄のサンキューチケット(土休日回数カード)
から乗車券への交換を行ったものではないかと思われます。
金券ショップでのバラ売りを防ぐためか、近鉄では回数券をカード化しており
11枚つづりの回数券というものは存在しません。
丹波橋までの540円は大阪難波と同額のため、引き換えても商売が成立するんでしょうが
売れ行きの悪い区間だと金券ショップは手を出せないということになりそうです。
鉄道会社と金券ショップのいたちごっこを見ている気分でした。
posted by 常緑樹 at 15:07| Comment(9) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

小田急の土休日回数券

小田急回数券.jpg

お詫び
更新が滞っており申し訳ありません。
11月下旬まで、あまり記事アップやコメント返しができない状況が続きそうです。

画像は小田急の土日回数券になります。
前回の株主優待券と同様に、新宿の金券ショップでの購入です。


posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

琴電の車内補充券

琴電補充.jpg
琴電では2001年の経営破たん時にもワンマン化は実施せず、
2人乗務を継続しています。一説には運輸局が…という話もありますが、
どこまで正しいのかは眉唾です。

無人駅が多く、車掌乗務となれば必然的に車内補充券が
売れることになります。ICカードのirucaが導入されている時代に
どの程度の乗客が購入する紋だろうと思ってみていましたが、
老人や子供連れなどの客層が中心だったのが興味深い点でした。

それなりに、中間年齢層の大人(女性が多め)も乗っているのですが、
あまり購入者が見られなかったのは、Irucaを所持している比率が
比較的高いためなのかな、という気もします。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

東京メトロの改札端末券

東急線の株主優待券をメトロ九段下駅の自動精算機に入れたところ、
「係員のいる改札口へ〜」と撥ねられてしまいました。
想定では、(目黒・渋谷・中目黒)の3駅選択画面あたりが出てくる
ものだと思っていました(普通乗車券・パスモ精算はこの形です)

九段下で下車するわけではなく東西線で先へ行く用件があったので、
190円支払って渡されてものが下の画像になります。
メトロ区間変更券.jpg
窓口端末券による発行でしたが、ずいぶんとレイアウトが見慣れた
区間変更券と違うなと感じました。

このため、東急線の普通乗車券を持って後日に再度この駅の精算機を
使ってみました。
メトロ区間変更2.jpg
主に違う点は字体と一部文字サイズですが、結構印象は異なります。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

レッドアロー特急券

レッドアロー.jpg
大手民鉄の特急券・座席指定券といえば、南海のホーム上特急券売機のような
例外もありますが、基本的には定期券サイズで指定席が記入されているものと
いうことになるかと思います。
しかしながら、西武の場合にはホーム上の特急券売機ではエドモンソン券で特急券が
発売されています。画像は所沢駅発行の小江戸号の特急券になります。
列車番号と席番号、乗車区間はこれでも網羅できるため、このような特急券も
ありだなと感心しました。
自由席特急券なら、長電と地鉄にもありますが、指定席ではここだけかと思われます。

ちなみに、窓口端末ではいわゆる定期券サイズの特急券が発行されます。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

えちぜん鉄道の窓口端末券

勝山端末券.jpg
えちぜん鉄道では、京福電鉄からの転換時にそれまでにあった券売機を含め
窓口端末機へと置き換え、乗車券類はすべて窓口販売に置き換えました。
コンビニのPOSシステムよろしく、購入者属性を係員が入力することによって
マーケティングに活かそうという考えが理由としてあったようです。
金額式ではなく行き先駅までの乗車券になっているのも、そのあたりの
意図があるのではないかという気がします。
この鉄道は、転換事情も含めいくつかの面白い要素があるわけですが、
よく知られた話だと思うためここでは割愛します。

今回は、予定外に身内より半日車を借りる機会があったため、勝山方面へと
運転しつつ、ついでに勝山駅へと寄ってみました。このため、えちぜん鉄道の
うち勝山永平寺線には乗車していません。
鉄ヲタとしてはどうかと思いますが、たとえば車がなければ勝山の恐竜博物館へ
行こうと思わなかったことも確かです。

勝山駅.jpg
画像は勝山駅停車中のMc6001
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

琴電の簡易券売機券

琴電簡易券売機.jpg
2001年の経営破たん以降、琴電では業績改善に向けたさまざまな
取り組みを行ってきました。出改札関係では、IruCa導入の他、有人駅の無人化や
同時期に委託駅における委託乗車券の販売中止を行ったことが挙げられます。

この際に、主要駅では自動改札を導入、それ以外の駅では簡易IruCa改札機を
導入しましたが、乗車券類については磁気化は行わないという、なかなか他社では
見られない独自の方針を貫きました。
無人駅については、JR西日本の一部でみられるようなレシート型の簡易自動券売機を
導入して対応しています。

このときは、長尾から琴電長尾線に初乗車だったため、どこの駅に簡易券売機が
配置されているのを知らなかったため、とりあえず長尾から最低区間で降りられる
駅のうち、ホーム上で券売機を見かけた白山(しらやま)駅で下車してみました。


posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

ミューチケット乗継

名鉄では、特別車を指定駅で1時間以内に乗り継ぐ場合に限り、1枚分のミューチケットと
同じ料金で2列車の特別車に乗車できる「乗り継ぎミューチケット」を発行しています。
今回、知多武豊から豊橋までの移動の際に利用してみました。
(残念ながら、今回は引き換え前の撮影を忘れました)

以前のミューチケット記事と同様に、金券ショップで回数券(今回は土休日用)
を購入の上で知多武豊駅の窓口で交換しましたが、券面にそのような文字はありません。

@枚目 金額部分が****となっています
ミューチケット1.jpg

A枚目 金額表記がなされ、350円となっています。
ミューチケット2.jpg
とはいえ、これだと明らかに元の引換券の種類が分からず混乱
しそうな印象なのですが、これで大丈夫なんでしょうかね?

奇しくも席番号が両列車で一緒ですがどういうことでしょうか。
順方向での乗り継ぎの場合に歩行距離が少なくなるようプログラム
されていたりするのかもしれませんが、ご存知の方がいたらご教授下さい。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

ASKA端末発行の磁気乗車券/非磁気特急券

特急券と乗車券の一葉券は、私鉄各社の端末の中でも出せる事業者と出せない
事業者に2分されます。このあたりは各社の考え方でしょうが、一葉券の
発行そのものが、乗車券と同区間の場合に限定されることがあります。

先日記事にした南海のほか、東武などが乗車券との区間違い一葉券を発行
していますが、近鉄窓口の場合には乗車券と特急券を別個で発行します。
ここで興味深いのが、近鉄のASKA端末の特徴でして、特急券と乗車券を
別個に販売する場合、乗車券部分は磁気化券で、特急券についてはこれまでにも
紹介しているような非磁気化券が出てきます。
一葉券はもちろん磁気化券です。

近鉄乗車券.jpg
今回は、難波から橿原線の筒井駅までの乗車券と大和西大寺までの特急券を
同時に購入しています。以前、青山町→伊勢石橋の乗車券発券を断られましたが、
機能的にはこれでできるものと思われます。


近鉄特急券.jpg
こちらが、いつもの様式の特急券です。裏面の白い非磁気券になります。
私鉄特急券などは、磁気情報がない方がコスト的に安いんじゃないかと
個人的には昔から思っているのですが、関西の2私鉄程度でしかこの事例が
見られないということは、それほどの削減にはならないということなのでしょうかね。
posted by 常緑樹 at 22:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

神鉄粟生駅出場証

粟生出場証.jpg
スルっとKansaiの導入に際して、JR西日本神戸電鉄北条鉄道3社の
共同使用駅粟生駅では、神鉄線の改札分離が行われました。
かつての国鉄線第3セクタ転換のような改札分離とは異なり、
駅構内に小さな事務所のような中間改札を設けており、そこを通過して
さらにJR粟生駅の改札を通過して外に出るという構造になっています。

切符での神鉄利用者は、下車時に精算機の横に置かれているこの紙を
受け取って、JR線の改札を通過する・先の乗車時に乗車駅証明代わりに
使うことになっています。
プリントアウトしてそのまま使えてしまいそうな紙片のため、
「みほん」の文字を入れさせていただきます。

駅舎は3社共同の駅名表示になっています
粟生駅.jpg
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

広電宮島口の券売機券

広電宮島口.jpg
広島電鉄宮島口駅で購入した乗車券(小児用)です。
券売機自体は簡易型などではなく、液晶タッチパネル式のもの
(ただし、現金投入口は特殊)を使用していますが、券面等は比較的
簡素な印象です。

路面電車がそのまま郊外へ走っているという解釈もできそうな広電
宮島線の性格もあり、運賃の収受方法は停車時の車内収受が主となっています。
きっぷ類については、なぜか宮島口駅のみで発行されています。
(観光客等の定期外客数多さが理由でしょうか?)

広島電鉄では、2011年を目処に信用乗車方式の導入を目指している旨
以前報道がありました。
プラハ市電の記事で書いたようにヨーロッパでは一般的な形態ですが、
日本でこれができるのかが注目されるとともに、現行の運賃制度や
宮島口のこの切符がどうなるのかも気になるところです。

広電.jpg
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

志染駅構内通行証

志染.jpg

神戸電鉄粟生線の志染駅は、遠隔管理が多いこの周辺の駅の中で、
運転上の要衝であることなどもあってか、有人駅となっています。
配線は、相対式1面と島式1面の2面3線です。
線路の南北に駅舎があり、南側に駅員が常駐、北側は無人の改札があります。
駅周辺に自由通路や踏切がないこともあってか、画像のような構内通行証を
券売機で発行しており、これを利用することで構内踏切を使用して
反対側の出入口まで通行可能です。
ホーム入り口には、「構内通行証ではホーム及び車内への立ち入りはできません」
という立て看板が立っているので、入場券は別にあるのかもしれません。

こちらが志染駅の南口。昔からの市街地が広がる一角にあります。
志染表口.jpg

北口はニュータウン「自由が丘」の玄関口としての役割を果たしています。
駅前には、コープこうべと食品スーパーの2店舗、小型ながらロータリーが
あり、郊外住宅地の駅としての風貌を強く感じます。
志染裏口.jpg

画像は志染駅を発車する1300系。
1300.jpg

posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

ひたちなか海浜鉄道の精算券

ひたちなか海浜.jpg
画像は、ひたちなか海浜鉄道の精算券になります。
無人駅乗車で勝田駅で精算を行うとこの精算券が発行され、勝田駅の
自動改札を通過することが可能な磁気券になります。

このときは、ミキ300系の譲渡後の状況が気になり勝田まで出向きました。
下り列車が茨城交通時代の自社発注車3710系だったため、交換駅那珂湊の
一つ手前の中根駅で下車、無人駅だったため帰りはこの精算券を
貰う形になりました。

ミキ鉄道の廃線後、車両の処遇を巡っては入札の不成立などもあり、
3両あったミキ300系のうち行き先がすんなりと決まったのは樽見鉄道への
1両のみで、もう1両を競売に、さらに1両を三木市で保存予定でした。
結局残り1両は希望販売価格を下回る形で近隣の北条鉄道へ譲渡、
最後の1両は、当初の入札時から購入希望を出しながらも、資金的に
高い金額を提示できなかったひたちなか海浜鉄道が、500万円で
三木市が保存予定だった車両を引き取りました。

20100509154922.jpg
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

江ノ島線のスーパーシート車

スーパーシート.jpg
小田急の特急車は、全線に乗り入れるLSE、HiSE、EXEの各形式と
江ノ島線には基本的に乗り入れないRSE、VSE、MSE(ついでに371系)に
大別することができます。

今年頭に、LSEの台車に亀裂が見つかりしばらくLSE/HiSEが運用から外れ
イレギュラーな車両乗り入れが江ノ島線で見られ、MSEの藤沢行き
ホームウェイに乗車した話は以前記事にしました。

一方で、スーパーシート(JR乗りいれ時はグリーン車となる)付きの
RSEも運用に入っていた日がありました。
小田急のホームページを見ればわかるとおり、江ノ島線系統特急の
スーパーシート料金は案内されていません。
気になる料金ですが、新宿〜大和が460円。新宿〜本厚木と同額でした。

出典がwikipediaになりますが、35キロ、75キロ、それ以上の3段階の
料金区分になっているようです。

posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

春日部駅降車時の注意書き

ゆのさと特急券.jpg
東武鉄道では、特急列車の一部の途中駅において一部のドア扱いのみを
行っています。日光線系統特急の春日部、伊勢崎線系統特急の東武動物公園、久喜の
各駅では、2号車と5号車(りょうもう号の場合)の扉のみを乗降扱いに
して無札客を乗車口でカットするという以前の小田急ロマンスカーの
ような乗車システムを取っています。
このため、下車客もこれらの車両以外の扉は使えず車内に注意シールが
貼られているほか、これらの駅到着直前には案内放送が流れます。
(このため、春日部駅では特急券立ち売りも残っています)

普段の私の乗車区間は、足利市〜北千住や栃木〜北千住だったため
気づいていませんでしたが、春日部下車の特急券だと注意書きが
券面に表記されることに今回はじめて気づきました。

参考までに、注意書きのないりょうもう号の特急券です。
(書式も違うのは、窓口購入だったからでしょうか)

りょうもう11.jpg

この時は、そういえば300系に乗車したことがなかったかなということで、
わざわざ乗ってみました。(どうやら大昔乗車してましたが)
ゆのさと.jpg

東武の特急料金は2体系あり、2006年のダイヤ改正まで急行だった
「ゆのさと・きりふり・しもつけ」の300系使用各列車は急行料金を
そのまま特急料金としたため、北千住⇒春日部は300円となっており、
車内設備がたいしたこともないのにスペーシア並みの料金を取る
「りょうもう」と比べるとお得感があります。

(つか、頻繁に業務利用をする人間としては「りょうもう」は何とかして欲しいです)

posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

東京メトロの0円精算券

メトロ精算券.JPG
先日、このブログ読者の方から質問を頂きました。
画像つきのメールで、「この精算券はどのような時に使うのか?」
という内容でした。ちなみに、画像もその時の頂き物を許可を得て使用しています。

質問者さんは、2004年のSuicaとICOCAの相互乗り入れ時にメトロ側の
区間を含む定期を所持、手元のICOCAが窓口精算になり、この精算券を
渡されたとのことでした。

この券の種類ですがメトロの「0円精算済証」になります。
この精算券は一定の条件渡されるものになります。
条件とは、「客を無理矢理自動改札に通す必要のあるケース」でしょうか。
端末対応ができずに窓口処理を行う時には、メトロの場合改札口等の
チケットプリンタで発券できる0円精算済み証を渡して対応することが多いようです。
駅によっては、前出しで相当数発券して改札内においてあることも多いです。

西日暮里駅を範囲内に含む定期券を所持されていたとのことですので、
次の定期券に入場記録を入れるためにも、「無理矢理自動改札を通す」必要があるため、
このような0円精算済証を使用したのだと思われます。

メトロの場合、この0円精算済み証の使用は比較的頻繁なようで、
2枚所持で間違えて入場した際のパスモ入場記録の取り消し時など、
何度か渡されて改札を出されたことがあります。
改札機を開けばいい場面で渡されることもあるので、何らかの内規が
あるのかもしれません。

ちなみに、このような「入場記録のための精算券」は小田急藤沢の
乗換改札口でも頂いたことがあります。途中下車券とパスモの併用
だったかと思います。
余談ですが、SuicaとICOCAのみと相互利用が行われていた時代には、
私鉄管理の連絡改札口は上記のようにicoca未対応でした。
藤沢の連絡改札でも、やはり窓口扱いでした。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

東京メトロの定期券購入乗車票

メトロ乗車票.jpg
(頂き物)
画像は、東京メトロの定期券購入乗車票になります。
メトロの場合、往路は最初に乗車券を磁気券で購入の上券面に
定期券購入の捺印を受け、定期券購入に払い戻し、復路については
画像のような乗車票が手渡されます。

首都圏各社における出札関連は機械化が進む中で、通学定期券の
ような発行に証明書が必要な乗車券類も多機能券売機や指定席
券売機の設定を駅係員が変えることで対応する例が増えています。

一方で、東京メトロはいまだに旧態依然とした窓口のみでの販売形態を
続けており、4月の通学定期券購入時期には窓口が混雑します。
個人的には、新型多機能券売機等の導入にかなり積極的な小田急や等級はおろか、
東武などのそこまで積極的に置き換えを図っていない社極と比べても
東京メトロの設備更新の遅さはいつも気になっています。
パスネット時代のicカード非対応券売機がいったいどれだけ残っている
のかと。

横浜市営地下鉄や、関東ではありませんが名古屋市交通局の出改札機器
更新のペースの遅さは、おそらく減価償却の問題だろうと推測できます。
細かく法定年限が定められている以上捨てるに捨てられずというのが
本音でしょう。メトロにもそのような制限があるのでしょうか。

頂き物の出所は、先日の計数券と同じ大学関係ですが個人的に気になったのは
目的駅が「神楽坂」となっている点でした。
その大学の所在地であれば手前の駅だし、距離制運賃のいわゆる1区を
基準に発行するのであれば九段下までが対象になるはずです。
飯田橋に定期券発売所があるため、神楽坂より先は基本的にありえないと
いう前提での発行なのか、気になるところです。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

ミューチケット

ミューチケット.jpg
前々回の近鉄名古屋線を降りた後、名古屋⇒豊橋は名鉄で移動したいなと
金券屋へ向かい、購入したことのなかった「なごや特割30」のバラ券を
購入します。発売価格は正規料金より200円安い850円でした。
この浮いた200円、せっかくなるべくクロスシートに拘って大阪東京を
移動しているんだから、ということでミューチケット代に回します。
といっても、正規料金を払ったわけではなく、↓のような回数券利用ですが。
ちなみに、発売価格は正規より20円安い330円でした。
ミューチケット引換.jpg

回数券利用のため、引き換えたミューチケットには「普通回」の
文字が入っています。

パノラマsuper.jpg
来たのは1000系列でした。正直、設備の老朽化は否めないなと思いつつも
特別席の椅子を味わいつつ豊橋まで揺られました。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 私鉄ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする