2010年05月18日

e特急券(ビューカードEX特約)

e特急券.jpg
すでにEX-ICによる乗車票を紹介しましたが、はじめてのEX予約は
ICによる乗車ではなく、浜松⇒静岡のワープでした。
以前、数度にわたって記事にした大阪⇒東京間できるだけクロスシート車で
移動企画の静岡以東は、結局新幹線ワープになりました。
この区間でのクロスシート車は御殿場線直通のごく一部と、定期
ムーンライトながらの名残で残っている東京行き1往復、何本かの
ライナー程度です。
この程度の距離なら素直にロングシートに乗ればいいのですが、
ビューカードのエクスプレス特約をまだ試していなかったことから
新幹線ワープという方法を選びました。普通乗車券利用のため
e特急券を併用する形になっています。

もはや珍しくないe特急券ですが、発行箇所が海EX予約となっている他
(3- )の表記があることから、JR東日本というよりはJR東海のカードとして
扱われていることがわかることが特徴でしょうか。

このあと、三島〜熱海間は素直にロングシート乗車です。
三島駅のホームに御殿場線経由国府津行きがいましたが、気力は
残ってませんでした。

カテゴリは、今回だけモバイルSuicaで。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルSuica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

モバイルグリーン券

以前、車内料金でグリーン券を購入することになった記事を書きました。
この件が理由の一つで、モバイルSuicaの導入に踏み切りました。
付帯オプションのEX-ICの方はすでに記事にしていますが、カード導入目的の
モバイルSuicaグリーン券の記事がまだでした。
何度か使用しているのですが、ケータイの画面にしか表記されない
乗車券なだけに、使用前と使用後で表記等が変わってしまいます。
ケータイとカメラを同時に所持している機会がなくそのままになって
いましたが、今回そのような機会があったので記事にしてみます。

まずは購入時画面。区間指定をケータイで行ったうえで確認画面へと
進みます。このときは、熊谷⇒武蔵小杉のグリーン券を購入しました。
(なお、携帯キャリアはドコモです)
モバイルグリーン1.jpg

購入後は、以下のような画面になります。
この状態で、車内のSuicaリーダーにタッチします。
モバイルグリーン2.jpg

車内の読み取り機にかざした後は、このように「使用済み」になります。
モバイルグリーン3.jpg
この使用済み画面については、モバイルSuicaアプリの利用記録欄に
次回の利用時まで残ります。

使用後の感想ですが、モバイルSuica特急券等と比べると列車時刻指定
をわざわざ確認する必要がないなどのもともとの条件もあり、
ケータイ端末で発売する乗車券としては完成度が高そうです。
実際に、すでに5回ほどこのモバイルSuicaグリーンを利用していますが、
特に不満はありません。
あえて言えば、購入(決済)に1分ほど要する点でしょうか。
あの間、ペンギンのお辞儀を見る時間がもどかしく感じます。
これが、席番をいちいち起動させてから確認する特急券だと、使い勝手は
大幅に違うのかもしれませんが。

不足点はJR東海の各駅対応になっていないことくらいでしょうが、
今のところ利用したことがないので、そのうちこれで乗り越してみて
課題点等があれば報告したいと思います。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルSuica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

EX-IC初体験

先日、とある姐さんの誕生会(という名の飲み会)に参加したときのこと、
酩酊していたといわれても仕方ないくらいに飲んで小田急に乗車しました。
終電ちょっと前の時間帯に新宿から相模大野行きに乗った記憶は
はっきりしているのですが、気が付いたら(なぜか)秦野発車。
登戸どころか相模大野へのリカバリーも不能で、途方に暮れました。

実は、大学生の頃からこのパターンの乗り過ごしは結構しています。
東海道線も、小田急線も私が乗る終電の終点は小田原のため、
深夜時間帯のこの駅はお世話になってます。「ムーンライトながら」が
毎日運転だった頃は、到着後2時間くらい何とか時間を潰して上りの
ながらで東京へ向かうのが定番でしたが、廃止移行は初電が4:30にまで
ずれ込んだことや若くない、金は少しならあるなどと考える
年になってしまったことなどから、素直に宿泊施設に泊まりました。
ちなみに、いわゆるチェーン系のビジネスホテルが小田原にはなく、
カードが使えるか分からない一般のビジネスホテルには何となく
この時間から入りずらく、結局スーパー銭湯の「万葉の湯」へ行きました。
武蔵中原駅前の東横○ンとか、終電から駆け込む人が何人かいるのを
何度か見ているので、小田原ならさらにそういう需要がありそうな気が
するのですが、どっか出店検討しないもんですかねぇ。
東横○ンさん、藤沢や茅ヶ崎にまで出店している位ですしどうですか?

ということで、東京に戻るのに早くてラクな新幹線を利用しました。
はじめてのex-ic利用が出張でも行楽でもなく、こんなネタになるとは。
ex-icご利用票.jpg
この時間帯のこだま号は静岡県内発で普通車全車自由席の便が多いのですが、
こだま630号に限っては名古屋始発で指定席があったため、ex予約の
メリットを享受する形で指定券です。
posted by 常緑樹 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | モバイルSuica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

ビューSuicaカード作成記

ついに、10万hitに達したようです。
日頃からご訪問頂いている皆様、本当にありがとうございます。
精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いします。

先日の記事で書きましたが、覚悟を決めてビューカードを作ることにしました。
もともと、クレカ自体は還元率のいい某外資系航空会社のマイレージカードと
セットになっているものを持っていて、支払いもそこに集約させていました。
鉄道の乗車券類も、基本的にはそのカードで購入してました。
東エリア民でしたが、特にこのカードでモバイルSuicaをやることもしてませんでした。

一方で、現在の職になってから東海道新幹線の乗車が増え、
そろそろEX-ICの作りどきかなと考えていました。
「作ろう」と決心したのが去年の秋。最初は、電子マネー機能の有無や
JR西日本が自社カードなのに対してJR東海の発行元が信販・ファイナンス系
のセディナなことから、鉄道会社系のJ-WESTカードを作るつもりでした。
すでに資料請求も済ませ、署名捺印だけして投函できるようになってました。
Smart ICOCA欲しかったですし。

ところが、去年末期の広島支社に始まる極端な合理化を見ていると、
ペンキ代すら節約する会社に個人情報を提供してカードを作る気が一気に失せてしまい、
手元の申込書を保留したままエクスプレス予約の話は一旦考え直すことにしました。
意思表示なき、事実上の抗議という感じでしょうか。

ちなみに、東海道山陽新幹線を運用しているこの2社以外に、ビューSuicaカード
エクスプレス特約を付けることで、EX-ICカードはなくても、
モバイルSuicaでエクスプレスカード並みの利便性が得られます。
それまではあまり考えてませんでしたが、急にこのカードに白羽の矢が立ちました。
首都圏住民向けの顧客サービスが得られることも吟味する理由には
当然なりました。住んでるエリアの会社がいちばん還元がいいわけで。

そんな中で、普通列車グリーン券を車内で現金購入する事態に遭遇
してしまい、地元会社JR東日本のカード誘導策にそのまま根負けする形で
カード申込書を記入して投函してみました。

とりあえず、審査は無事に通過し、申し込みから1か月弱で到着。
viewsuica.jpg
Felicaとの干渉上、世界的には珍しいエンボス(凹凸)レスカードです。
裏面はこんな感じ。
名称未設定-1.jpg
定期券情報を搭載することが可能です。
ひとつ誤算だったのは、定期入れにPASMO定期とこのクレカを同居させられない事でした。
Suica定期ユーザーにはそれで良いんでしょうけど、PASMO利用者としては正直不便です。

まずモバイルSuicaのアプリをダウンロードして、カード番号を登録、
1000円をチャージしてとりあえず矢野口まで乗ってみました。
前職が近い業界だったのに、自動改札通過時ケータイが振動するのすら知りませんでした。


さて、アプリもダウンロードできたことですし、ここからが本題です。
モバイルSuicaのホームからエクスプレス予約のページに飛び、特約の申込をします。
待つこと2週間くらい、ようやくJR東海からカードが届きました。
エクスプレスカード.jpg
巷で見るエクスプレスカードと比べるとなんてチャチなデザインでしょうか…
それでもまぁ、わくわくしがら説明書を開きます。
最初は、このカードで自動改札を通過するものだとばかり思ってました。
説明書を読むとどうも違うようで、「ケータイを自動改札にかざせ」と書いてます。
じゃあ何に使うんだろ?あっ、e特急券の引き換えか!説明書のe特急券のページを開きます。
「e特急券に引き換えるにはビューカードを」・・・

どうやら、このカードは本当にただの会員証のようです。
厚紙でいいじゃんかよ。

カードは今のところ、モバイルSuicaのチャージと、乗車券購入と、トレン太と
ビューカードとれTel位しか使ってませんが、とりあえずの目標は
ポイント貯めてびゅう商品券、できればブログネタ用にグリーン車
利用券を目指します。

ところで
posted by 常緑樹 at 14:36| Comment(4) | TrackBack(0) | モバイルSuica | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。